menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

決算書の“見える化”術

味気ない数字の羅列と難しい漢字であふれる決算書類。社長にとって大事な数字はどれなのか?
カネ回りのよい経営のために、何をどう改善していけば楽になるのか…。

会社にお金を残すテコ入れの急所、資金繰りに困らない着手ポイント、
銀行が競って貸したくなる勘定科目の入れ替えとバランスの取り方、後継者への自社株対策、オフバランス…。
数字が苦手な社長でも、財務力を一気にアップする経営数字の読み方を、音声と図表で判りやすく解説します。

下記から古山喜章先生の音声コラム「決算書の見え化術」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

決算書の“見える化”術 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 迷わない経営の信号「KPI」|講師インタビュー「KPIマネジメント自社導入法」中尾隆一郎氏

  2. 創業者精神とDNAをつなぐアース流家族経営|講師インタビュー「人磨きを極める経営」國分利治氏・山下誠司氏

  3. withコロナ時代の社長の話し方|講師インタビュー「リーダーの話し方」新田祥子氏

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. マネジメント

    第28回 『逆境に負ける人、のし上る人』
  2. 経済・株式・資産

    第29回 「不動産に目が利く人へ、世界REIT(不動産投資信託)という方法」
  3. 仕事術

    第85回 伝統を覆す新楽器!
  4. 税務・会計

    第30号 社員が社長を理解できない訳
  5. サービス

    61軒目 京都名物”筍のフルコース”
keyboard_arrow_up