menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

最終回 第四十一話 「学ぶに暇わらずと謂うなかれ」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

まず、朱熹作の“勧学”と題した詩を読んでみよう。

謂うなかれ 今日学ばずして来日(あす)有りと
謂うなかれ 今年学ばずして来年ありと
日月逝きや 歳我を延ばさず
嗚呼 老いたり 是誰の愆ちぞや

誰の愆ちではない、自分自身の過ちである。この詩に関連して淮南子の言葉をのべてみたい。

“学ぶに暇あらずという者は暇ありいえども、また学ぶ能ず”と述べている。
学ぶ気がないから暇もないのである。学ぶ気さえあれば、いくらでも読書の時間などは見出すことができるものである。
“徐幹(後漢時代の学者)”は“学ぶ者は、才の足らざるをうれえずして志の立たざるをうれう”。学問をする人は、
自分の学識が十分でないことを心配するのではなく、自分の志が確立していないことを心配しなければならない。

この言葉について自分の恥を述べるようだが、私が最も読書に熱したのは三十才を過ぎたころであった。
その志すところは学卒者先輩に追いつき、追い越すが目標であった。三十五才で三ヶ月ほど 徴収兵として
質問があったが公務に読書に予想外の熱が入ってきた覚えがある。
三十才の終わりに、ようやく念願の目的を達したわけであったが、一段階段上がれば、もう一段と望むのが人情。
学ぶことに一段づつ位も上がる。いまは先賢の教えに感謝するのみ。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第四十話 「陽気発するところ」前のページ

関連記事

  1. 第八話 「徳は業の基なり」

  2. 第十五話 「怒りを止むるは」

  3. 第三十五話 「山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し]

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第63回 《南海電車》は何回乗ってもなんかいい!~130周年を迎えた日本最古の...
  2. サービス

    第136話 《コロナショックでグローバリズムが終焉する今こそ地域で食の流れを循環...
  3. 経済・株式・資産

    第21回 ソフトの優位性でハードで盤石な地位を確立「ホシザキ電機」
  4. 戦略・戦術

    第200号 ネット注文商品の『店頭受け取り』
  5. マネジメント

    第87回 『笑顔の効果』
keyboard_arrow_up