menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第12回 国会の議論は茶番!? 

ステーツマンの力

憲政史上初!?国会で議論を聞いて意見を変えたこと

 225日に参議院で国会同意人事案の採決がありました。

 国会同意人事とは政府の委員会や審議会などの重要な人事について、予め国民の代表である国会の同意を取ってから内閣などが任命する人事のことです。

 

 今回の同意人事では15機関58人の人事が承認されました。

 私たち日本を元気にする会のメンバーも、当初は全ての人事案に賛成のつもりでいました。

 ところが、本会議で民主党の大久保勉議員の討論内容を聞いて、日銀の新たな審議委員に早稲田大学の原田泰教授を充てる案にどうしても賛成できないと思い、反対票を投じました。

 ※大久保議員の討論(民主党のページ:http://www.dpj.or.jp/article/106253

 

 我々も事前に原田さんについての情報は得て、賛否について検討をしていました。

 しかし、大久保議員による新情報などもあり、議場内で確認も行った上で、反対票を投じることにしました。

 会派7人のうち、2人が賛成、5人が反対票を投じました。

 憲政史上、国会での議論を聞いて意見をかえることは初めてなのではないでしょうか。

 ※この案件の賛否(http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/189/189-0225-v009.htm

 

党議拘束とは

 実は日本の国会での議論は”茶番”ともいうべきものなのです。

 国会では討論→採決という流れで議題は進みますが、実は採決については、事前に賛否を聞かれているのです。

 一般的な政党では、予め党議拘束によって、賛否を執行部に決定されています。

 ですので、いくら、国会内で議論をして、その結果自分の意見が変わっても、賛否は変えることは出来ないのです。

 

 小学校の学級会でも、議論をして、その中で自分の意見が変われば、最後には変更された意見の方に挙手をするはずです。

 小学校の学級会でも行われている当たり前の事を国会では行うことが出来ないのです。これが党議拘束の恐ろしさです。

 

 実際、大久保議員の討論の際は他党からも「これは賛成できないよ!」という声が上がっていました。

 そこで、実際の投票で反対することを進言しましたが「いや、もう事前に決まってしまっているので・・・」とどうも歯切れが悪くなってしまい、最終的には賛成票を投じていました。

 討論を聞いて意見を変えるとそれは、造反になってしまう。そんな国会こそ私はおかしいと思います。

 

 国会で他党の意見も真摯に聞いて最後は自分の信念に基づいて投票することが国会議員の一つの役目だと思っています。

 最初から党議拘束で、その役目を放棄することはおかしいと思いませんか?

 

 今回の日銀の同意人事も自民党の党議拘束が無ければ結果はわからなかったと思います。

 日本を元気にする会では党議拘束もないですし、投票の直前まで賛否をかえることを許しています。他党には是非この考えが広がることを期待しています。

 

割を食ってしまったNHK本田さん

 実は、もう一つおかしな仕組が国会にはあります。

 今回、原田さんを反対するに当たって、NHK経営委員会委員の本田勝彦さんの審議も同時に行われました。

 私としては、本田さんには賛成票を投じるつもりでしたが、二人セットで賛否をいれることになっていたため、記録上、私は原田さんにも本田さんにも反対票を投じたことになっています。

 

 国会の仕組は会派で一致した行動を取ること、議場で意見を変えないことが前提に仕組が作られています。

 ですので、予め全員の賛否が一緒になると考えられる案件はまとめて審議してしまうのです。

 今回は、私たちが議場での討論を聞いて意見を変更してしまうという想定外の自体がおこったために、NHKの本田さんは”割を食った”形で反対票が投じられることになってしまったのです。

 

 国会は国民に公開されている議論の場です。この議論の場の意味を無くす党議拘束を私たちは無くすべきだと思っています。

 少なくとも参議院で、党議拘束をなくさないと、衆議院での各党の採決と全く一緒になり、参議院は単なるカーボンコピー=いらないということになります。

 国民から見えないところで、事前に、与野党の調整で結論が出てしまっていて、単なるガス抜き、単なるパフォーマンスの場となっている国会を変えていきたいと思っています。

 

【山田太郎氏の連絡先】(ご意見、ご質問、実現するべき政策等、ご連絡ください)

メール    :info@taroyamada.jp

ホームページ   : http://taroyamada.jp

第11回 日本の国家予算雑過ぎ!? 前のページ

第13回 「低すぎる!日本の農薬安全基準」その真実とは? 次のページ

関連記事

  1. 第21回 たくましい経済で前向きな国に

  2. 第11回 日本の国家予算雑過ぎ!? 

  3. 第15回 医療制度は患者視点を。医者視点で消えてしまった「混合医療」の火 

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第27講 「言志四録その27」大いに書を読み耽る者有れば、これに教えて静坐して自...
  2. コミュニケーション

    第5回 文字が苦手な人ほど3つのポイントを意識して
  3. 経済・株式・資産

    第103話 なぜ日本のユニコーン企業は中国に比べ極端に少ないか?(下)
  4. 人間学・古典

    第14講 「言志四録その14」鋭進の工夫はもとより易からず。退歩の工夫はもっとも...
  5. 税務・会計

    第56号 BS「格言」 其の五、其の六
keyboard_arrow_up