menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

「決算書」は社長の考えひとつで、会社におカネを残す武器に変わります。
逆に昔ながらの会計事務所任せのやり方では、血と汗の結晶である会社のおカネは溜まっていきません。

このコラムでは、会社のおカネを正しい方法で残し、最大化できるように、
社長が知るべきアイデアと効果的な実行策を指導いただきます。

そして、それを行わなかった社長の「こんなはずじゃなかった」「早くこれをやっておけば」…の
具体事例と心の叫びを、そっとご紹介します。

下記から古山喜章先生の音声コラム「おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法

  2. 第2話「イノベーション」対「進歩」

  3. 第29人目 「織田信長」

  4. 講師インタビュー「儲かる会社をつくる技法」横田尚哉氏

  5. 「経営に奇策はない」
    佐藤 肇氏(スター精密 代表取締役会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. 仕事術

    第88回「VR/ARに続くMRとは?」
  2. 教養

    2014年4月号
  3. 人間学・古典

    第31人目 「フランクリン・ルーズベルト」
  4. マネジメント

    第23回 特別対談:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和氏(前編)
  5. 社長業

    Vol.135 常に世界視野から自社市場を見ておく
keyboard_arrow_up