menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略

昔も今も、社長にとっての重要事は会社を「高収益」な体質にすることです。
ですが、今は昔に比べて、利益の正しい上げ方は変わってきています。

このコラムでは、会社を正しい方法で高収益体質にできるように、
損益分岐点、固定費/変動費、固定資産税、支払利息…など会社数字の必須キーワードの説明に加えて
効果的な経営品質向上へのヒントと実践策を指導いただきます。

下記から古山喜章先生の音声コラム「損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第29人目 「織田信長」

  2. 講師インタビュー「儲かる会社をつくる技法」横田尚哉氏

  3. 統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法

  4. 講師インタビュー「オンライン採用の活用法」人材研究所代表 曽和利光氏

  5. 迷わない経営の信号「KPI」|講師インタビュー「KPIマネジメント自社導入法」中尾隆一郎氏

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. 経済・株式・資産

    第109話 中小企業の事業承継(12)
  2. 人間学・古典

    第十七話 「国(会社)の将に亡びんとするや」
  3. 税務・会計

    第25回 利益が出る仕組みを全社員が理解する
  4. 社長業

    Vol.88 「会社の信用、信頼性の大切なモノサシの一つ」
  5. 不動産

    第3回 販売力より物件の質が大事
keyboard_arrow_up