menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略

昔も今も、社長にとっての重要事は会社を「高収益」な体質にすることです。
ですが、今は昔に比べて、利益の正しい上げ方は変わってきています。

このコラムでは、会社を正しい方法で高収益体質にできるように、
損益分岐点、固定費/変動費、固定資産税、支払利息…など会社数字の必須キーワードの説明に加えて
効果的な経営品質向上へのヒントと実践策を指導いただきます。

下記から古山喜章先生の音声コラム「損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

損益分岐点を下げる、P/L不況時代の新戦略 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第42話 「配属ガチャ」と新入社員のキャリア形成

  2. 人生100年、脳の健康を保つには Dr.加藤の「講話を聴き、脳を守る」後編

  3. 第6回 今月のビジネスキーワード「AI(人工知能)」

  4. 講師インタビュー「儲かる会社をつくる技法」横田尚哉氏

  5. 第十一話「トップ不可欠の任務」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. サービス

    14軒目 「女性の心を掴んで離さないプチレストラン」
  2. 人事・労務

    第104話 サブロク協定とは時間外労働協定の事です
  3. マネジメント

    故事成語に学ぶ(38) 守らば則(すなわ)ち余りありて、攻むれば則ち足らず
  4. 採用・法律

    第75回 『有期雇用従業者は育児休業取得できるの?!』
  5. 経済・株式・資産

    第121回「M&Aを通じて日本の食品流通の多様性維持に貢献」ヨシムラ・...
keyboard_arrow_up