menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

中国哲学は、現代の会社経営にも大いに役立つ。

多くの経営者が、今日も、ひとつとして間違えが許されない生き残りをかけた決断をしている。
貞観政要、韓非子、論語をはじめとした中国哲学は、古代の王朝の皇帝が、思想家が、臣下が自国の興亡をかけて、
実行した中から生まれてきた教えであり、今の会社経営にも通じるものである。

企業の健康長寿の害は好況時に発している。
好況という時の味方を己の実力と信じているあたりが行詰りの出発点となる。
この誤りを反省し、その挽回に努めるべき好機が、 逆境の時といいたい。
好況時には見えない、気付かないことにも心付くことになるからである。

井原隆一の「不況は会社守成の好機」では、経営者としての豊富な実務経験と歴史の教訓を経営に活かしてきた
教えをコラムとしてお届けいたします。

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法

  2. 企業内起業を成功させる「新規事業」立上げの鉄則/新規事業家 守屋実氏

  3. 人生100年、脳の健康を保つには Dr.加藤の「講話を聴き、脳を守る」前編

  4. 講師インタビュー「儲かる会社をつくる技法」横田尚哉氏

  5. 「経営に奇策はない」
    佐藤 肇氏(スター精密 代表取締役会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. マネジメント

    故事成語に学ぶ(41) 智者の慮は必ず利害を雑(まじ)う
  2. マネジメント

    故事成語に学ぶ(3)狡兎死して走狗烹らる(こうとししてそうくにらる)
  3. マネジメント

    挑戦の決断(35) 日本鉄道事始め(大隈重信、伊藤博文)
  4. 新技術・商品

    第51話 想定外だった需要がヒットを生む
  5. 戦略・戦術

    第27話 優良法人がどうした!
keyboard_arrow_up