menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

中国哲学は、現代の会社経営にも大いに役立つ。
多くの経営者が、今日も、ひとつとして間違えが許されない生き残りをかけた決断をしている。
貞観政要、韓非子、論語をはじめとした中国哲学は、古代の王朝の皇帝が、思想家が、臣下が自国の興亡をかけて、実行した中から生まれてきた教えであり、今の会社経営にも通じるものである。

企業の健康長寿の害は好況時に発している。
好況という時の味方を己の実力と信じているあたりが行詰りの出発点となる。この誤りを反省し、その挽回に努めるべき好機が、 逆境の時といいたい。好況時には見えない、気付かないことにも心付くことになるからである。

井原隆一の「不況は会社守成の好機」では、経営者としての豊富な実務経験と歴史の教訓を経営に活かしてきた教えをコラムとしてお届けいたします。

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機 最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第198話 税制改正に関して朗報です

  2. 第134回『SHOーTIME 大谷翔平』(著:ジェフ・フレッチャー、翻訳:タカ大丸)

  3. 第24講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑪

  4. 講師インタビュー「儲かる会社をつくる技法」横田尚哉氏

  5. 第61回 『組織を時代に乗せていく未来計画法』不確実性の今、経験がマイナスになる。こんなときの未来計画とは?継続する会社の経営計画はこうつくる!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. マネジメント

    第290回「ゆるブラック企業」に未来はない
  2. 社員教育・営業

    第63講 クレーム対応のルールを間違って理解しているから失敗する(3)
  3. マネジメント

    交渉力を備えよ(49) 本音で向き合うことが信頼関係の基礎
  4. 社員教育・営業

    第7講 成功するクレーム対応の心構えは 『誠意・ていねい・親切』よりも『主導権を...
  5. サービス

    39軒目 台湾の定番
keyboard_arrow_up