menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第五十五話 「お客が大事」「夢を持つ」(炭火マルイチ)

社長の口ぐせ経営哲学

ホルモンを代表する内臓系の肉を提供して繁盛している焼肉店「炭火マルイチ」(東京都世田谷区)の
店舗立地は住宅街、道路沿いで駐車場もなく、コンビニの2階でどちらかといえば二等立地の焼肉屋。
各駅停車の小田急線東北沢駅から歩いて2、3分、看板も目立たない。
常連客、口コミ客が大 半で周辺に住む有名人も常連という繁盛店である。
マスコミにもよく紹介され、知る人ぞ知る焼き肉屋である。


開業して9年、店主の田島一彦さん(49歳)は、過去に料理人として洋風のシェフ、
パティシエを修業、さらに食材の卸 の仕事(営業)を経験している。
「安くていい肉を食べさせてくれる店」といえば、繁盛店ならどこにでもありそうな店ということになるが、
マルイチを一度利 用した人は、リピーターになる確率は9割以上という常連客で成立している店である。
「自分が旨いと思ったものは何でも仕入れます」(田島店主)。


なぜ、同店が焼肉店として繁盛しているのか。
「手ごろの値段で、上質の肉を食べさせてくれる」ということがベースにあることは確か。
なぜ、常連客が増えて いるのか、という理由が他店と違う焼き方を丁寧に教えるという隠れたサービスがある。
通常、焼肉の商売は、「いい食材を提供すれば、人件費もかからず、いい商売」というが、実はここに落とし穴がある。
ちょっと変えたところ、変化が起きた。


店主の田島一彦さんは「商品がいい、というだけでは不十分。お客さんが食べて“本当に美味しかった”と言わせなければ
ダメ。微妙な焼き方で満足度が違います。お客に一つ一つの部位(メニュー)の焼き方を教えます。
上手く焼ければ、ほめてあげます」という。
一度来たお客は、他の人と来て、自分が覚えた焼き方を教える、という口コミのノウハウになっているという。
いくらいい食材を提供しても焼き方がまずかった ら、満足度は低い。


その部位のいい焼き方を教えて、満足度をあげるという、『焼き方も含めた美味しい食を提供する』
ということを徹底したら、常連客が着実に増えたというのである。ベテラン女性スタッフの接客も独特である。
一度でも来店していると、「お久しぶり」と気楽に声をかけ先手を打つ、フレンドリーなちょっとした会話を して接客する。
これは常連客が増えるもう一つの要因でもある。


田島一彦店主は
「自分でお金を出して食べるつもりで仕事しろ」
「仕事の目標を持て、そこに向かっていれば、いい仕事ができる」
と 言うのが持論だ。

田島氏は5年後にニューヨークに店を出したい、という目標を持つ。
実現するかどうか、も大事だが、日々、目標を持った仕事が繁盛への道で あると確信している。
「お客が大事」「夢を持つ」というシンプルな口ぐせだが、どこまで徹底するかである。
 

                                                               上妻英夫

第五十四話 「究極の顧客満足を目指す」(イワブチ)前のページ

第五十六話 「最後の最後までジタバタ」(きもの川久)次のページ

関連記事

  1. 第八十話 「現場に行け」「現場で考えろ」(ユースキン製薬株式会社)

  2. 第二十九話 現場でけんかをするな(新生食品)

  3. 第二十六話 躾こそ商いの原点なり(青山工務店)

最新の経営コラム

  1. #1 一流の〈ビジネス会食力〉-前始末で勝負あり-

  2. 第48回 「未来への投資」は数字の外にある

  3. 第212回 税務調査にひるむな!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.116 酒を酌み交わす友達の価値
  2. 社員教育・営業

    第4話 「地に足のついた行動をしてくれるか!」
  3. 不動産

    第77回 「 共用竪排水管 」は「 鋳鉄管 」が一番良い。
  4. 人間学・古典

    第8人目 「岩倉具視」
  5. マネジメント

    第183回 『成功する人の3K・YKK』
keyboard_arrow_up