menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

コラムニスト詳細

井原隆一氏

1923年、14歳で埼玉銀行に入行。並外れた向学心から独学で10年刻みに
法律、経済、経営、宗教、歴史を修めた苦学力行の人。

最年少で課長抜擢、常務、専務を歴任の後、大労働争議と大赤字で
倒産寸前の会社の助人となり、一挙に 40社に分社する等、独自の再建策を
打ち出し短期間で大幅黒字、無借金の超優良企業に甦らせる。

その後も、実業界では他に類を見ない理論と実践を踏まえた先見力で
数々の企業を窮地から救うなど、再建の名人として活躍。

97歳を超えた今も、矍鑠(かくしゃく)とし、全国各地で講演はもとより、
高い見識と適切なアドバイスに多くの経営者が教えを請う。

連載中の経営コラム

  1. 最終更新:2010.06.10

    中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

    中国哲学は、現代の会社経営にも大いに役立つ。 多くの経営者が、今日も、ひとつとして間違えが許されない生き残りをかけた決断をしている。 貞観政要、韓非子、論語をはじめとした中国哲学は、古代の王朝の皇帝が、思想家が、臣下が自国の興亡をかけて、 実行した中から生まれてきた教えであり、今の会社経営にも通じるものである。 企業の健康長寿の害は好況時に発している。 好況という時の味方を己の実力と信じているあたりが行詰りの出発点となる。 この誤りを反省し、その挽回に努めるべき好機が、 逆境の時といいたい。 好況時には見えない、気付かないことにも心付くことになるからである。 井原隆一の「不況は会社守成の好機」では、経営者としての豊富な実務経験と歴史の教訓を経営に活かしてきた 教えをコラムとしてお届けいたします。

最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第2話「イノベーション」対「進歩」

  2. 第29人目 「織田信長」

  3. withコロナ時代の社長の話し方|講師インタビュー「リーダーの話し方」新田祥子氏

  4. 講師インタビュー「オンライン採用の活用法」人材研究所代表 曽和利光氏

  5. 人生100年、脳の健康を保つには Dr.加藤の「講話を聴き、脳を守る」前編

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. 人事・労務

    第8話 成績評価制度における5つの限定
  2. 人間学・古典

    第七話 「肉を割いて腹に満つ」
  3. 人間学・古典

    第二話 「リーダーが自分を弱くするものは」
  4. マネジメント

    第八十七話 「自信貯金は増えているか」(株式会社FCエデュケーション)
  5. マネジメント

    第三話 まず打って出て、行動しながら修正せよ(ハナマサ)
keyboard_arrow_up