menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十四話 「謂う勿れ今日学ばずにして」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

“謂う勿れ 今日学ばずにして 来日有りと
   謂う勿れ 今年学ばずにして 来年ありと
   日月 逝きや 歳我を 延ばさず 

   嗚呼 老いたり 是れ誰の あやまちぞや”

この詩は南宋の朱熹の作だが、折にふれて口から出る詩の一つで反省の詩でもある。
同じ作者の詩“偶成”と題した

   “少年 老い易く 学成りがたし 一寸の光陰 軽んずべからず
    未だ覚めず 池塘春草の夢 階前の梧葉(ごよう)すでに秋声


時十四才のとき夜学に入ったころすでに頭に刻み込まれていたはずなのに九十才は、
半ばなってこれ誰の愆ぞやと嘆いている。しかし歳は私を待つことはない。

といっても現在私が書物を遠ざけ、ペンを忘れているわけではない。
目的が違ってきているのである。どのように変わったか。

志を遂げるための学修から、健康、長寿に移り変わりつつある。
すなわち、惚け防止のための読書である。

貞観政要を読んで千三百年の昔を思い、二千年昔の三国志を読んでは諸葛孔明の智略を偲び、
二千数百年遡っては、孔子に学び、三千年の昔を学ぶためには、太公望呂に親しみを覚える。


九十五才なんぞ嘆んずるにたらんということになってくる。  


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十三話 「声無きに聴き、形無きに視る」前のページ

第十五話 「怒りを止むるは」次のページ

関連記事

  1. 第七話 「肉を割いて腹に満つ」

  2. 第八話 「徳は業の基なり」

  3. 第九話 「目的と注意力」

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    故事成語に学ぶ(23) 家に常業あれば飢(き)なりと雖(いえど)も餓(う)えず...
  2. 社員教育・営業

    第33話 成長課題 管理職の部下育成術(33)
  3. 経済・株式・資産

    第42回 ものづくりへのこだわりにしがみつくことをやめる:「日特エンジニアリング...
  4. 健康

    第22号 「言葉を操る人 VS 言葉に操られる人」
  5. 人間学・古典

    第3話 「イメージの怖さ」
keyboard_arrow_up