menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

交渉力を備えよ(18) 筋を通して実利を取る

指導者たる者かくあるべし

 中国国民政府軍事委員長の蒋介石が西安で拘束、監禁された事件の解決に向けて、現地に向かった中国共産党ナンバー2の周恩来(後の首相)には明確な目標があった。

 蒋介石の政治指導方針を、共産党討滅から、国民一致しての抗日に舵を切り替えさせることであった。

 当時、国民政府軍に追い込まれて、苦難の長征を強いられ青息吐息の共産党内には、「蒋介石を許さない」との論が高まっていた。

 国民政府内の“クーデター”発生は寝耳に水ではあったが、「蒋介石を人民裁判にかけて葬り去るチャンス」と捉える主張だ。

 周恩来は、気にかかる情報を入手していた。国際共産主義運動の盟主であるソ連のスターリンが、「蒋介石釈放に尽力せよ。さもないと中国共産党と絶縁する」と毛沢東に電報で指示し、毛沢東が「どういうことか、だれが味方か」と激怒しているという動きだ。

 「このままでは、中国共産党はソ連から見放され潰されてしまう」。周恩来は危機感を持った。そして現実的選択に向けて動く。

 周は、まず張学良に会う。

 張学良は力説した。「蒋介石が内戦停止、国民一致しての抗日に踏み切れば、蒋介石を釈放する。さらに蒋を全中国の指導者として支持、擁護するつもりだ」。

 張の本音を確認するや、周は深く頷き、ひとこと「同意する」と賛意を表明する。事件勃発四日後のことだった。

 あとは蒋介石本人をいかに説得するかだ。

 同夜、周恩来は共産党中央に交渉の成り行きを伝える緊急電を発信する。「蒋介石に会えれば、身の安全を保証すると返答するが、もし南京政府が兵を動かし内戦を続けるならば、身の安全は望めない、と声明する」。

 慎重な表現は、党内の「蒋抹殺論」を配慮してのことだ。

 周恩来は、続いて、西安市内にいる共産党シンパの過激派たちに対して、「共産党の指導力の拡大を図るためにも蒋介石の権威を生かす。それが最善の策だ」と、説得を続けた。

 筋を通して、現実の利得を取る。その考えで周の行動は一貫していた。

 一方の国民政府は、情報不足から混乱を極めた。「蒋委員長が生きていようと、すでに亡くなっていようと張学良の討伐が優先されるべきだ」と決定し、洛陽近郊に駐屯する中央軍を西安に向けて進撃させる。

 いまだ、だれを交渉のため西安へ送るかも決められないでいた。 (この項、次回に続く)

 
 
※参考文献
『西安事変前後―「塞上行」1936年中国』范長江著 松枝茂夫、岸田五郎訳 筑摩書房
『蒋介石』保阪正康著 文春新書
『張学良はなぜ西安事変に走ったか―東アジアを揺るがした二週間』岸田五郎著 中公新書
『周恩来秘録(上・下)党機密文書は語る』高文謙著 上村幸治訳 文春文庫
 
 
 
  ※当連載のご感想・ご意見はこちらへ↓

  著者/宇惠一郎 ueichi@nifty.com 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交渉力を備えよ(17) 周恩来、蒋介石救出に動く前のページ

交渉力を備えよ(19) 国民政府内の私情が混乱を助長する次のページ

関連記事

  1. 日本的組織管理(7) 四番バッターばかりでは強いチームはできない

  2. 故事成語に学ぶ(20)鶏口となるも牛後となるなかれ

  3. ナンバー2の心得(15)竹下登がとった消費税導入の秘策

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第78号 BS「格言」 其の二十五(2)
  2. 戦略・戦術

    第182号 ビッグデータ共有による商品開発
  3. 健康

    第12回 湯西川温泉(栃木県)インスタ映えする冬の風物詩「かまくら祭」
  4. 経済・株式・資産

    第62回「時間を味方にした資産運用にNISA活用を」
  5. 経済・株式・資産

    第28話 なぜアメリカのCEOは中国共産党を評価するか?
keyboard_arrow_up