menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

万物流転する世を生き抜く(3) ハンニバル、アルプスを越える

指導者たる者かくあるべし

 第一次ポエニ戦争でローマに破れて西地中海の制海権を失ったカルタゴは、海洋交易国家として存亡の岐路に立っていた。
 
 ローマと再び戦って勝つ以外に生きる道はない。スペインで将軍となりイベリア半島の平定を進めていたハンニバルは、イタリア本土への侵攻を目指した。
 
 敗戦国が講和の制約を破り、再び海外に軍を進めるには名分が必要である。ハンニバルは、スペインの地中海沿いにありローマと同盟関係を結ぶ都市、サグントゥムを包囲し陥落させた。
 
 ローマの反発を見越してのことだ。狙い通りに怒ったローマがカルタゴに宣戦布告したことで戦争に突入する。
 
 紀元前218年5月、29歳のハンニバルは歩兵・騎兵合わせて10万2千の軍と象37頭を率いてスペインを進発。ピレネー山脈を越えてガリア(フランス)を横断し、イタリア国境のアルプスに向かう。
 
 ローマ軍は、大軍を率いてのアルプス越えなど不可能だと高をくくっていた。敵の虚をついたカルタゴ軍は、山中の部族と戦い、雪中の崖に道を切り開きながら進む。
 
 ようやくたどり着いた峠の頂上で疲労困憊する兵たちを前に、ハンニバルは眼下に広がる北イタリアの平原を指差して叱咤激励した。
 
 「さあ、そこはもうイタリアだ。まもなく、お前たちはローマの主人になれるのだ」
 
 二千メートル以上の峠に難路を切り開いてのアルプス越えは15日で成し遂げられた。
 
 スペインを出発して5か月。イタリア側に降り立ったハンニバルの兵は二万の歩兵と六千の騎兵のみ。出発時の四分の一に減っていた。
 
 それでも、近代戦の重戦車とも言える、カルタゴ軍の独自戦力である象は20頭が生き残った。
 
 あまりに大きな犠牲を払ったアルプス越えは無謀とも見える。しかしハンニバルには勝算があった。
 
 北イタリアはいまだローマの版図には組み入れられていない。北への領土拡張を続けるローマとガリア人の抗争が続いていた。そのガリア人たちを味方に引き入れることができれば、山越えで失った戦力は補える。
 
 古代の歴史家たちが書き残した戦記を見れば、ハンニバルという男、決して血気にはやるだけの若者でない。
 
 情報収集を重視し、確かな戦略眼と戦術の巧みさを随所に見せる。組織運用の要諦を心得ていた。
 
 その知将ぶりがこのあと、十五年にわたりローマ軍を翻弄することになる。 (この項、次週へ続く)
 
 
 ※参考文献
 
 『ローマ建国以来の歴史5』リウィウス著  安井萠訳 京都大学学術出版会
 『歴史1』ポリュビオス著 城江良和訳 京都大学学術出版会
 『ハンニバル 地中海世界の覇権をかけて』長谷川博隆著 講談社学術文庫
 『ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記』塩野七生著 新潮社
 
 
 
  ※当連載のご感想・ご意見はこちらへ↓
  著者/宇惠一郎 ueichi@nifty.com 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万物流転する世を生き抜く(2) ローマ・カルタゴ戦争前のページ

万物流転する世を生き抜く(4) 現地調達による軍運用次のページ

関連記事

  1. 後継の才を見抜く(7) 動き出す秀忠

  2. 情報を制するものが勝利を手にする(11)
    民衆の力を信じて国境を開く

  3. 故事成語に学ぶ(41) 智者の慮は必ず利害を雑(まじ)う

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第31回 八ヶ岳連峰経営で着実に成長する食品スーパー「アークス」
  2. マネジメント

    逆転の発想(25) 災害は再生の好機である(関東大震災の首都復興指揮官・後藤新平...
  3. 健康

    第57号「日本人選手のマスターズから学ぶ」
  4. 健康

    第64号「ゴールセティングの期限切れ」
  5. 税務・会計

    第99号 不正摘発現場 その2
keyboard_arrow_up