menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第140話 なぜ「社保倒産」が発生するのか?

あなたの会社と資産を守る一手

「社保倒産」という言葉がマスコミに登場するようになりました。厚生年金保険料等の社会保険料が支払えずに企業が倒産していくことを意味しているのですが、今後はその割合が増えていくと言われています。

 

なぜ「社保倒産」が発生するのかと疑問に思う方もいるかもしれません。従業員に給与を払い、そのなかから預り金というかたちで社会保険料を預かって支払うのだから納付が遅れるわけはないと思う方も多いでしょう。 

 

しかし、社員から預かった預り金と同じ金額を、会社が法定福利費という名目で追加で払い、さらに「子ども・子育て拠出金」にいたっては全額会社負担となるからこのようなことになるわけです。


そんなことから、「社保倒産」が発生するわけですが、日本年金機構は企業に対していっせつの譲歩を認めず、銀行のように事業再生のために一緒に考えてあげてリスケをしたりといったこともなく、納付するか倒産するかの二者択一を迫ってくることになります。


民間では最小の費用で最大の効果をあげるという経済原則が通用するのに、公平性という言葉のもとに回収できなければ差押えをして倒産させ、生きていればその後に回収できるであろう社会保険料のことなどいっさい考えないことがその原因にあると考えられます。

 

事実、社会保険料を滞納した場合の取立ては厳しく、「健康保険及び厚生年金保険等の滞納整理事務に係る初期手順要領について〔厚生年金保険法〕」(注1)どおりにきっちりと取立てをおこなってきます。

 

 現状では、銀行や税務署の取立てよりもはるかに厳しく、容赦のない回収が行われているのが実情です。社会保険料を滞納すると、電話による督促が行われ、次に下記のような来所通知書が送られてきます。

 

下記の「来所通知書」が送られてきた会社の例でいえば、来所通知書の発行日現在で、社会保険料が納付されているか調べたところ、遅れていた金額は納付済みで、滞納額がまったくない状態であるのにこの書面が送られてきていました。

 

滞納しているから督促してきたというよりも、滞納したという事実に対してアクションを起こしてきたと考えるほうがいいかもしれません。じっさい、別の会社では2月28日納付期限の社会保険料を3月1日に納付したところ、年金機構からお叱りの文書が届いていました。


社会保険料などの歳入金の入金状況を日本年金機構が知るにはタイムラグがあるからしかたないのですが、理不尽ともいえます。

一般的に社会保険料は20日くらい滞納すれば、厳しい督促が始まります。当たり前ですが、企業の資金繰りといったことも考慮してもらえず、下記赤線で示したように「決算書、法人税申告書(勘定科目内訳明細書を含む)、売掛台帳、預金通帳等を持参してください」と通告してくるのです。

 

もちろん、これらの情報は今後、差押えする資産を確認するために使われるわけです。

 

それゆえに、銀行借入できるなら借入してでも納付してしまうことがだいじなのです。
もしも、根本的な解決をしたいと思うなら財務の根本的な改善が必要になります。ただ、その策は、イチかバチかという側面があることなので、次回に書きたいと思います。

 

注1:健康保険及び厚生年金保険等の滞納整理事務に係る初期手順要領について〔厚生年金保険法〕

第139話 赤字よりも怖いこと前のページ

第141話 会社で社会保険料の納付が遅れると…次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長と会社の資産を守る法CD

    音声・映像

    社長と会社の資産を守る法CD

関連記事

  1. 第54話 構造から考えると、キャッシュを残す術がみえてくる

  2. 第21話 債務過多の解決策は3つしかない

  3. 第85話 会社が破たんする原因は資産にある(14)

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    <事例―13 テンピュールの「マットレスや枕」(B2BとB2C)>快適な睡眠を初...
  2. 経済・株式・資産

    第35話 うまくいく会社、だめな会社
  3. 健康

    第89回 吹上温泉(北海道) 『北の国から』であの女優も浸かった野天風呂
  4. 製造業

    第307号 自社の実力は、モノづくりの6段階のレベルで把握せよ(3)
  5. マネジメント

    日本的組織管理(10) 教えないのが名コーチ
keyboard_arrow_up