menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

マキアヴェッリの知(4) 愛されるより恐れられよ

指導者たる者かくあるべし

 憎まれる方が安全

 君主(リーダー)たるもの、愛されることと恐れられることのどちらが良いか、とマキアヴェッリは問う。たいていのリーダーなら「どちらも必要だね」と考えるところだ。どちらか一方を選べと言われるなら、「愛されること」と答えるに違いない。それが、人の美徳規準にかなうからである。


 だが、マキアヴェッリは、組織維持のためには、〈愛されるよりも恐れられる方がはるかに安全である〉と説く。それは彼が持つ独特のシニカルな人間分析に基づいている。「愛より恐怖による統治」を薦める根拠について、まず「人間とは、恩知らずで気が変わり易く、偽善的で自らを偽り、臆病で貪欲」であることを挙げている。たしかに君主が人民に恩恵を施している限り彼らは君主に従い、戦いともなれば、生命、財産、子供まで提供する。〈しかし、事態が切迫すると彼らは裏切る。従って(部下愛とその見返りである)彼らの忠誠心に頼る君主は、ほかの準備を怠り滅亡する〉。なぜなら、〈人間は恐れている者よりも愛している者を害するのに躊躇しない〉からだ。


 絶望的な人間観だが、もちろん日常的な道徳心の問題ではない。組織と忠誠心に関して一面の真実を突いている。人は、自身の保全のために行動する。危機において身の安全のためには、恐れている相手を裏切ることに対する報復の危険より、心優しい愛する相手を裏切ることの方を選ぶだろう。

 

 ハンニバルの組織統治

 マキアヴェッリは、恐れられるリーダーの例として勇将ハンニバルの例を引いている。カルタゴの将軍ハンニバルは、紀元前3世紀に宿敵ローマを討つため、象と諸民族からなる大軍を率いてアフリカ北岸を出発し、イスパニア(スペイン)、ガリア(フランス)を経てアルプスを越え、古代ローマ本土(イタリア)に攻め込み、無敵のローマ軍と対戦した。


 ハンニバルの戦いぶりは、容赦なく敵を包囲殲滅する残酷ぶりだった。のみならず、自軍内にも鉄の規律を敷き、団結を揺るがすものを厳しく処罰したが、連戦連勝の戦いぶりは、味方の兵士たちの尊敬さえ勝ち取って、自軍が順境にある時も、逆境にある時も一度として兵士間でも、ハンニバルに対しても内紛は生じなかった。


 これに対して最終的にザマの戦いでハンニバルを打ち破ったローマのスキピオは、イスパニアにおいて自ら率いる軍の反乱を経験した。その原因について、マキアヴェッリは、〈彼はあまりに慈悲深く、兵士をあまりに自由に放置しておいたため、軍律さえも守られなくなったからだ〉と総括している。

 

 恐れられるリーダーの冷酷さの余徳

 〈人間というものは、「恐い」と信じた相手から恩恵を受けると、恩恵を与えてくれた人に、より一層の恩義を感じるものだ


 たとえば、普段から愛情深い上司から、やさしく接してもらい「今回の君の仕事はよかったよ」と褒められたとしよう。うれしさもそこそこで、「だれ彼なく、そんなお世辞を振りまいているんだろう」と印象は薄い。ところが、普段から冷酷で、ガミガミと叱ってばかりの嫌な上司が、「あれはよかったよ、ありがとう」と感謝の一言をかけてくれたらどうだろう。褒められた部下は、強く印象に残り、一層の精勤に励むに違いない。恐れられるリーダーシップの余徳である。


 いつもニコニコのリーダーの振る舞いは、組織の潤滑油どころか、部下になめられることにも繋がりかねない。


 さてあなたは、非情のリーダーに徹することができるだろうか。

(書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

※参考文献
『君主論』ニッコロ・マキアヴェッリ著 佐々木毅全訳注 講談社学術文庫
『マキアヴェッリ語録』塩野七生著 新潮文庫

マキアヴェッリの知(3) 勝利のためには自前の兵で戦え前のページ

マキアヴェッリの知(5) ケチは組織統治のために必要な悪徳次のページ

関連記事

  1. ナンバー2の心得(14)敵を作らず味方を増やす

  2. 万物流転する世を生き抜く(15) 秀吉、中国大返しの決断

  3. 中国史に学ぶ(17) 曹操の人事基準

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第76回 十勝岳温泉(北海道) 道内最高所に湧く絶景の露天風呂
  2. 戦略・戦術

    第三十話_紹介・リピートが率8割を超える 小さなガーデニング会社から学ぶ経営の原...
  3. 社長業

    Vol.19 まだ未着手であれば、自分の目と足で中国に触れてみること
  4. 戦略・戦術

    第153話 令和時代は 労務課題の解決を!
  5. 人事・労務

    第90話 成績評価であっても、主観的評価から脱却できないのではないか
keyboard_arrow_up