menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

万物流転する世を生き抜く(9) 戦略変更は素早く大胆に

指導者たる者かくあるべし

 指導者たるもの、個人の情にとらわれていては大局を見誤り、成功は覚束ない。
 
 恩讐を乗り越えて、父を死に追いやった敵将マシニッサの甥を敵陣に送り届けたローマの将・スキピオは大胆な戦略の変更を考えていた。
 
 「南イタリアに籠るハンニバルの軍を打ち破るのは難しい。となれば、敵の本拠である北アフリカに軍を進めるべきだ。そうなれば、カルタゴはハンニバルを本国に呼び戻すに違いない」
 
 戦局を一気に転換するために敵地をつく。かつてハンニバルが考えついた大胆な発想だ。スキピオは、どこまでも敵将ハンニバルに学ぶ。そして実行に移す。
 
 スキピオは、最高行政官で二人制で全軍を指揮する執政官に立候補する。まだ30歳。経験が求められる執政官就任は40歳からとの不文律をたてにローマ元老院は抵抗する。
 
 しかも、おひざ元のイタリアでハンニバルに手を焼いている現状でアフリカ進撃などもってのほかと長老たちは反発する。
 
 スペインからカルタゴ勢力を駆逐したスキピオはローマに戻り、元老院で力説した。
 
 「私は若いが戦場経験はある。これまで成功してきたことも、必要であれば変えねばならない。今こそその時だ」
 
 カンネーでの大敗北以来、決戦を避けて持久戦法を取り続ける元老院に対する忸怩(じくじ)たる思いを隠し、「成功」と持ち上げたうえで変更を迫る。
 
 強い自信の表明とともに、長老たちの面子を決してつぶさない。若い指導者が組織を動かし変革を成功に導く鉄則である。
 
 元老院はスキピオの執政官立候補を特例で認め、「北アフリカ侵攻は翌年以降」と条件を付けてまずはカルタゴとせめぎあいが続くシチリアに送り込んだ。
 
 大胆な戦略変更には、確実な勝利への裏付けが必要だ。
 
 カルタゴの息の根を止めるためには、敵の主戦力であるヌミディア騎兵を無力化する必要がある。
 
 彼らを味方につければ、敵の力を削ぐとともにこちらの戦力も増す。“行って来い”で彼我の戦力を逆転させる妙案ではないか。
 
 捕虜となった甥を送り返した恩を活かしてヌミディア騎兵隊長のマシニッサに会い、「ともに戦おうではないか」と寝返りを持ちかけたが色よい返事はなかった。
 
 シチリアで過ごした一年間、スキピオは軍備を整えながらカルタゴ国内の政情について情報収集に専念する。  (この項、次週へ続く)
 
 
 ※参考文献
 
『ハンニバル 地中海世界の覇権をかけて』長谷川博隆著 講談社学術文庫
『ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記』塩野七生著 新潮社
『ローマ・カルタゴ百年戦争』塚原富衛著 学研M文庫
 
  ※当連載のご感想・ご意見はこちらへ↓
  著者/宇惠一郎 ueichi@nifty.com 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万物流転する世を生き抜く(8) スキピオ立ち上がる前のページ

万物流転する世を生き抜く(10) ローマとカルタゴ、勝敗を分けたもの次のページ

関連記事

  1. ナンバー2の心得(10) 正確な情報でトップを支える

  2. 失敗に原因あり(3) 熟慮と逡巡の差は大きい

  3. 中国史に学ぶ(12) お家騒動―女は怖い?

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第二話 下請け製造業で価格競争から脱却する方法
  2. 製造業

    第286号 作業現場ごとにゴミ箱を用意せよ
  3. 健康

    第21回「”克己心の修養”は感情系脳番地を鍛える」
  4. 健康

    第3回バランスを取りながら進む脳番地トレーニング(1)
  5. 社長業

    Vol.23 利は元にあり!
keyboard_arrow_up