menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第一話 お客視点とは!

中小企業の「1位づくり」戦略

経営にはやり方があります。
小さな会社がより強くなるためのルールがあるのです。
 
会社の業績を長期的に良くするには「どのような考え方」で経営をするのか、あるいはどのような価値基準で意思決定をするかについて、ルール化しておく必要があります。
ルール化しておくと、変化にいち早く対応ができるばかりか、社内の意思統一もしやすくなるので、それだけ業績が良くなるのです。
 
中小企業庁で公開されている中小企業白書の原因別倒産状況には、販売不振がダントツに多く記されていました。
いつの時代でも小さな会社の経営環境は厳しい立場にあるものです。
 
先日、業績の課題について経営者にヒアリングしてみると「安定受注するための方法を知りたい」、「カラダだけ忙しくて、たいした利益が出ていない」「利益性の高い仕事をしたい」など、さまざまな要望がありました。
 
まず、この課題の主語に注目していただきたいのです。
 
「安定受注するための方法を知りたい」
「カラダだけ忙しくて、たいした利益が出ていない」
「利益性の高い仕事をしたい」
 
「安定受注するための方法を知りたい」という課題の主語はどこにあるのでしょうか?
 
そう自分の会社です。
言語はその人の経験や知識、知恵から創り出されていますから、言葉にはその人の意識や考えがそのまま表現されているものです。
つまりこれらの課題は自社起点の言葉で書かれているということです。
間違いの始まりはここにあるのです。
 
業績の悪い会社の社長に共通することは、自分のことばかりを考えていて、お客さまの立場を考えていないばかりか、ライバル会社のことも考えていないことになります。
 
経営について考えるときは、お客さまを起点にしたお客視点の考え方でなければならないのです。
なぜなら、どこからモノを買うのか、すべての決定権はお客さまにあるからです。
お客さまが100%で、モノを販売する側の決定件は1%もありません。もちろんライバル会社も同様です。
これは絶対原則です。
 
以上のことから、先ほどの課題をもう一度クローズアップしてみましょう。
お客視点で考えると言葉や表現の意味合いが変わります。
 
「安定受注するための方法を知りたい」はどうなるでしょうか?
「お客さまが私たちの会社(商品やサービス、技術やノウハウ)を継続的に選んでくれるための方法を知る」ということになります。
たくさんのライバル会社の中からあなたの会社は選ばれたのです。
つまり、あなたの会社はお客さまに選ばれた結果、商品の受注が増えているということなのです。
 
さて最後に、お客様に選ばれている理由があなたの会社の価値となります。
お客さまから選ばれた理由や根拠、それがあなたの会社の価値なのです。
じつは、この理由を探究することが、あなたの会社の業績をより良くするための大きなきっかけとなるのです。
 
あなたの会社がお客さまに選ばれている理由はなんですか?

 

第二話 下請け製造業で価格競争から脱却する方法次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連セミナー・商品

  1. 佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

    音声・映像

    佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

関連記事

  1. 第四十五話 町工場はデジタルマーケティングとアナログセールスの融合で売上げを伸ばせ!

  2. 第四十七話 値上げの「伝え方」

  3. 第二十二話_危機を活かす営業のやり方 顧客と向き合う好機!

最新の経営コラム

  1. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

  2. 第74回『プロジェクトエコノミー』~生産性向上の意味合いが変わった、生き残るには早く正確は古い~

  3. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第130話 銀行提案の相続対策にご用心を!
  2. 社長業

    Vol.117 オーナー社長の最大の悩みは自分で解決できない
  3. 仕事術

    第11回「ヘッドセットでメリット」(後編:目的別おすすめ製品)
  4. 社員教育・営業

    第7話 成長課題 管理職の部下育成術(7)
  5. 人間学・古典

    第96講 「帝王学その46」 神仙は、妄りに求むるを煩わさざるなり。
keyboard_arrow_up