menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第5回 10年後の『とんでもない未来の描き方』

酒井英之の社長のビジョン実現道場

経営者がビジョンづくりで必ずぶつかる壁

ビジョンを描き、それを熱い思いで追いかける経営がしたい。

そう思っている経営者が必ずぶつかる壁があります。

先日、地域No.1の実績を誇る某社の専務からの相談を受けました。

 

同社では、将来を嘱望される社員が揃って「わが社の10年後の姿」を検討したといいます。

いわゆる10年後の経営ビジョンです。

 

ここには専務は加わっておらず、若手中心で議論したのだそうです。

が、出てきた意見は現在の延長戦のような意見ばかり。

「本当にこれでいいのでしょうか?」という相談です。

 

専務にしてみたら、数年先ではなく10年先ですから、もっと革新的・挑戦的な「とんでもない未来」が必要だと感じたのでしょう。

 

一般には、個性的な会社であればあるほど、そのビジョンもまた個性的なものになります。

 

そういう会社は、トップが示すビジョンに

「へえ、社長はとんでもないところを目指しているんだ」

「バカな、そんなのできるわけないじゃん」

「でも、社長がやるっていうのだから、やるんだろ」

「どうやってやるんかな。面白そうだな」

などと、反応したいのです。

 

とりわけ、過去に一度でもトップが「とんでもない未来」を示し、無我夢中で走っているうちに、いつしかそれを実現した。

そんな成功体験がある企業ではなおさらです。

 

しかし、そんな無茶なビジョンを示してくれた先代は、もう引退していません。

オンリーワン企業として経営基盤は安定していても、ワクワクできるかどうかは別問題です。

 

次のビジョンを生みだすのは、次代を担う若手です。

では、どうしたら先代並みにワクワクできる「とんでもない未来」を描くことができるでしょうか?

次のページとんでもない未来を描く方法とは?

1

2 3

第4回 「ドラッカーの5つの質問」に潜む罠に気を付けよう前のページ

第6回 『人間にできてAIには決してできないこと』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社員の心理を賢くついた、社員が社長の期待通りに動き出す5つの打ち手

    セミナー

    社員の心理を賢くついた、社員が社長の期待通りに動き出す5つの打ち手

  2. チームV字経営

    チームV字経営

関連記事

  1. 第10回 『下町ロケット』のモデル企業に学ぶ、新規ビジネスの見つけ方

  2. 第7回 小さな強みに磨きをかけて大化けさせるには

  3. 第8回 「どうしたらエゴを捨て、利他的になれるのか?」

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第4回 ≪震災恐慌≫≪原発恐慌≫≪節電恐慌≫に打ち勝つ法
  2. 人間学・古典

    第22講 「言志四録その22」聖人は、九族を親しむ。
  3. マネジメント

    第56回 オーダーメイド商品を極める
  4. 経済・株式・資産

    第64回 他力本願で独自の道を歩むドラッグストア「クスリのアオキ」 
  5. 社員教育・営業

    第169回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方91「来客応対と訪問マナーに...
keyboard_arrow_up