menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

第34回 新事業進出は大胆にやること

繁栄への着眼点 牟田太陽

※本コラムは2022年2月の繁栄への着眼点を掲載したものです。

 先日、織物の会社の社長が、事業発展計画書の閲覧に来協された。
 邪魔をしてはいけないと、挨拶だけしてその場を離れようとしたが結局話し込んでしまい申し訳ないことをした。お詫びに「少しでも時間の節約を」と近所の喫茶店にパスタの出前をしてもらい、会議室で食べてもらった。

 着物の帯は決して無くなることはない。しかし使う場を増やすことは難しい。ならば帯をブランドにして、稼ぐ商品、新事業を固めていくしかない。これは何の業界でも同じだ。時流に合わなくなってきたら、「商品・サービス」「売り方」全てを大胆に変えることが必要だ。

 長野県佐久市に無門塾の卒業生でシナノという会社がある。スキーのポールを作っている会社で100年企業だ。スキーブームにより一時は売り上げを伸ばしたが、その後のスキー人口減少で苦しかった時期もあったようだ。最近ではスキーだけでなく用途を広げてウォーキングポール、トレッキングポール、杖などの売上比率が伸びてきている。

 シナノにはキャンプ好きな社員が多く、柳澤社長は「ウチはアルミのパイプを加工する会社だから。キャンプでこんな物があったら便利という物を作ってみないか」と社員に問いかけた。そこで商品化されたのが、キャンプ用品を吊るすための「キャンプ用ハンガーラック」だ。これが年間1億円売れるヒット商品になった。

 「新事業を探せ」と言ってもこんなに難しいことはない。社長自身が考えても出てこないこともある。そうしたら後はお客様の困りごとを訊いてみたり、社員にやってみたいことを訊いてみたりするしかない。最後は「必ず出来る」という社長の強い想い込みだ。

 織物の会社の社長にも色々と新事業の話をする。しかし、出てくる言葉がマイナスのことばかりなのが一番の心配だ。
 「誰にやらせるのですか」「そんなこと言っても、ウチの社員、『どうせ成功しない』と言います」などと言う。これは社員の言葉ではない。社長自身の声ではないか。社長がこれでは成功するものもダメになってしまう。気を付けてほしいと伝えた。

 「新事業進出は大胆にやること」とは書いたが、「大胆かつ緻密に」というのが正解かもしれない。たまに事業発展計画発表会でサプライズ的に新事業を発表する会社がある。ワンマン経営の会社に多いが、これは決してやってはいけない。新事業はサプライズでやるものではない。これこそ緻密にやるべきだ。

 「数年後にこういう事業をやりたい」と、幹部会議で何度も会話し、それから初めて計画書に書き込み、そして発表会で全社員にお披露目をする。発表会までには幹部たちから社員に新事業のことは必ず伝わっている。それが幹部の役割だろう。そして新事業スタートに向け、「金」と「人」を載せていく。これがマネジメントではないか。

 「人間は誰でも、本来、何事をも、自分が深く想い、考えたとおりに成すことが出来る。自分が、もし出来ないと思えば何事もできないし、出来ると信念すれば、何事をも成すことが出来る」繁栄も苦難も、成功も失敗も、全てが社長の心の中にある。「やるのか」「やらないのか」だけだ。

※本コラムは2022年2月の繁栄への着眼点を掲載したものです。


▼牟田太陽の「後継社長の実践経営学」CD版・デジタル版

第33回 社長の人生観・死生観前のページ

第35回 時流に合わなくなっていないか次のページ

関連セミナー・商品

  1. 2024年「実学の門」11月 事業発展計画書の作り方と来年のキーワード

    セミナー

    2024年「実学の門」11月 事業発展計画書の作り方と来年のキーワード

  2. 幾代もの繁栄を築く 後継社長の実務と戦略(PHP研究所刊)

    幾代もの繁栄を築く 後継社長の実務と戦略(PHP研究所刊)

  3. 「2024年新春・全国経営者セミナー」音声・動画(CD・DVD・デジタル対応)一括申込み

    音声・映像

    「2024年新春・全国経営者セミナー」音声・動画(CD・DVD・デジタル対応)一括申込み

関連記事

  1. 第153回 2021年、社長に必要なこと

  2. 第285回 読まれない報告書を書くくらいなら、直接報告!

  3. 第70回 「感謝のルーチン」を持て

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第138回 成長したベンチャー企業
  2. 採用・法律

    第64回 判断能力の低下にどのように備えるか?任意後見契約・民事信託契約とは?
  3. 人事・労務

    第17話 絶対評価か?相対評価か? 評価対象にふさわしい評価手法を!
  4. 新技術・商品

    第41話 「想定外の動きを見逃さない!」
  5. 税務・会計

    第17回 管理者が感情で動かず、カネ勘定で動いている
keyboard_arrow_up