menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

私は、高級店という独自性ある領域で、個人飲食店向けに会員制コンサルティングしております。
そんな私が力を入れているのが地域密着でがんばる「クオリティの高い」飲食店の会員サポートです。
そんな会員様のお役に立てるよう、いろいろな店を定点観測しております。

新百合ヶ丘の寿司店『さとう』。定点観測と勝手に応援ということで訪問しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチは日常使いで1,000円~1,000円台を主力にしていますが、一番高い価格で夜のメニューの
「特上チラシ」(3,300円税込)は原価をかけるという破壊的なお得感の設定です。
私はその一点観測。

ちらしというか酢飯の上には海胆、イクラ、玉子焼き、おぼろ、干瓢がのっています。

 

刺身は、きときとの真鰺、蛇腹トロ、トロ、車海老、青柳、帆立、ツブ貝など貝が充実。

 

 

 

 

 

 


小鉢は南蛮漬け。もうひとつのお皿にはトマトと漬物とガリ、そして、栗の渋皮煮がのっていてこれがおいしいですます。



 

 

 

 

 

栗は確か大将とご縁のある栗。このシーズンの名物だったと思います。
そして、味噌汁がうまい!

前回もそうでしたがが、昼の人気が凄いです!
12時には満席になります。
応援した甲斐があったのかはわかりませんが、とても良いことです。
高い価格はついつい粗利をおっかけますが、自然には売れない価格帶に魅力を秘めて志向性を持たせ、じっくり待つ。
大切ですね。

さとう

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目12−5 リッシュ新百合101
電話 044-712-3202

第152話 トーキョー シノワ 神子 @代々木 ~センスの良い神子シェフの新東京中国料理店前のページ

第154話 蕎麦割烹倉田 @武蔵小山 ~ 会心の蕎麦割烹次のページ

関連記事

  1. 59軒目 名物商品は日々の食事にあり!

  2. 69軒目 親から受け継いだ店を発展させる若き大将

  3. 86軒目 福岡県飯塚市の凄い焼肉店

最新の経営コラム

  1. 第130回  デジタル化で機械部品の調達を合理化

  2. 第16回 ダイバーシティは損得問題

  3. 第125回『20の古典で読み解く世界史』(著:本村凌二)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第1回 ハラスメントが起きる職場と起きない職場は何が違うのか?
  2. マネジメント

    第119回 『「時間がない」は、敗者の結論』
  3. 人間学・古典

    第十三話 「声無きに聴き、形無きに視る」
  4. 経済・株式・資産

    第125話 アリババ「独身の日」セールがもたらす4つの革命
  5. 健康

    第6号 「I Choose to be happy 前編」
keyboard_arrow_up