menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第七十五話 「お客に聞く」、「逆算して行動しろ」(オイシックス株式会社)

社長の口ぐせ経営哲学

ネット通販でひときわ元気な企業の一つが、感動食品専門スーパー「Oisix(おいしっくす)」を展開するオイシックス株式会社(東京都品川区)である。同社は10年前、「より多くの一般のご家庭の、豊かな食生活を簡単に実現できるサービスの実現」をコンセプトに会社設立したベンチャー企業である。独自のやり方でニッチ(すき間)を狙い、今や、購入経験者48万人、定期購入者4万人の規模に成長している。


若手経営者の高島宏平社長率いる同社は、「健康にいい食品のインターネット通信販売業」と「健康にいい食品の店舗宅配事業(牛乳宅配ルート)」の2本柱の事業展開である。売上げも5年前の約3・7倍の71億2600万円(2010年3月期)と業績も伸びている。顧客も仕入先に当たる生産農家も、口コミ戦略とバイヤーの直接営業で進めている。


同社のユーザー層は30代から40代の小さな子どもを持つ主婦が中心である。1回当たりの購入品目数は13から14品目、平均客単価5200円。扱っている商品数は常時2600品目(野菜・果物が約200品目、加工品が約2200品目、その他が約200品目)である。


同社の特徴は従来の自然食品通販とは異なっている。「会員制」「定期・大量購入」のシステムサービスが多い中で、入会金・年会費が一切無料、定期購入サービスに加入しなくても利用できる。さらに、土・日も含めて、届ける日時を指定できるところが特徴でもある。一言で言えば、「Oisix(おいしっくす)」は“生活者の視点”のサービス内容になっている。だから、消費者の支持が拡大しているのである。


高島宏平社長は、仕事を進める上で大事なことを2点、社員に伝えている。特に、仕事で判断がしにくいとき、困った問題が起きた時に、どうするか。スタッフで話し合うのだが、その前に、「お客さんに聞いた?」が口ぐせのように飛び出してくる。「お客に聞く」ということは、直接会って話を聞くか、電話でやりとりをすることが大事だといつも言っている。


もう一つは「逆算して行動しろ」と檄を飛ばす。仕事の目標にしろ、立てた計画に対する姿勢を教えている。一歩一歩前に進むことはいいことだが、目標を達成することが肝心であると、力説する。一生懸命やったけど達成しなかった、という甘えや執念の無さに対する厳しいセリフである。最後は達成するという目標に対して、逆算した行動があれば、達成する確率も異なってくる。何のための目標か、を問いながらの仕事ぶりが必要という。


 

                                                        上妻英夫

第七十四話 「人と人のつながりが鉄則だ」(株式会社パワー工業)前のページ

第七十六話 「お互いの情報を教えあおう」、「現場ありき」(株式会社博水社)次のページ

関連記事

  1. 第百話 「客の目線で行動しろ」(株式会社アールアンドビー)

  2. 第十話 あなたって作業員?仕事人?(東京フードサービス)

  3. 第五十二話 「情報を共有しろ」(ベストエバージャパン)

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第16回 越境EC
  2. 戦略・戦術

    第200号 ネット注文商品の『店頭受け取り』
  3. 社員教育・営業

    第91回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方 11
  4. 後継者

    第98回 あなたのストーリーは何ですか?
  5. 戦略・戦術

    第10回「香港ビジネスについて ─総まとめ─」
keyboard_arrow_up