menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

コラムニスト詳細

清水ひろゆき氏

ビジネスモデルコンサルタント・H&Hコンサルティング代表

「成熟した日本市場で勝ち残るためには、オンリーワンの企業風土をつくり、価格競争せずに戦う企業を築くことが必須条件」と主唱するビジネスモデル・コンサルタント。20年に渡り、米国専門のビジネスコーディネーターとして活躍。その間、多くの日本の経営者を引き連れ、100カ国以上、400社以上の優秀企業へ直接訪問。独立後も日米欧をまたにかけ、成長企業・成功企業を訪れ、次のビジネスモデルを研究。成功企業のビジネスモデルの法則をもとに、日本の経営者へ最新情報を提供し続けている。

【主な著作】
3カ月で売り上げを20%アップさせる3つの仕組み 1本100円のワインで利益を生み続けるビジネスモデル

連載中の経営コラム

  1. 最終更新:2017.04.28

    オンリーワンで勝ち残る企業風土づくり

    成熟した日本。今までのように景気が上向きになることは期待できません。 しかし、会社は景気の良し悪しに関わらず、存続する必要があります。なぜなら、会社が存続しなければ、社員の生活を 守ることができなくなるからです。 これから多くの会社が、欲しいものが分からない消費者へ向けて価格競争という手段を用いる傾向はますます強くなります。 であれば、会社は何を武器にすれば、価格競争という熾烈な競争に勝ち残ることができるのでしょうか? モノが行き渡った日本で、売れる商品やサービスを探り出すことは至難の業です。 たとえ探り当てたとしても、競合企業がすぐに、それをモノマネし、価格を武器に挑んでくることでしょう。 では、競合企業がマネできないものとは何か? それは“企業風土”です。 この経営コラムでは、ビジネスモデルコンサルタント清水ひろゆき氏が、世界の優秀企業に訪れた中から見えてきた 「企業風土とオンリーワンの法則」から 、“企業風土”を売り上げに直結させる仕組みと取組みを毎回、解説していきます。 是非、皆様の会社も、企業風土を軸に置き、社員がひとつになり、売り上げをつくり上げ、勝てる土俵でオンリーワンを獲得 する強い企業を築いてください。

最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第2話「イノベーション」対「進歩」

  2. 迷わない経営の信号「KPI」|講師インタビュー「KPIマネジメント自社導入法」中尾隆一郎氏

  3. 講師インタビュー「オンライン採用の活用法」人材研究所代表 曽和利光氏

  4. 「経営に奇策はない」
    佐藤 肇氏(スター精密 代表取締役会長)

  5. 第29人目 「織田信長」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. キーワード

    第35回(気軽に学べる場をつくる)「盆さいや」
  2. 経済・株式・資産

    第12話 危機のときに生き残る会社のバランスシートとは?
  3. 製造業

    第270号 一か所に集めると問題は顕在化する
  4. 社員教育・営業

    第95回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方16 手紙の内容の書き方と気配...
  5. 健康

    第48号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(2)
keyboard_arrow_up