menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第92話 社長の強い自己顕示欲は抑えて下さい。

強い会社を築く ビジネス・クリニック

裸一貫で事業を起し、成功経営者とあがめられ、新聞、雑誌、テレビで取り上げられて、顔を売り、自説を講演し、本を出版される。
企業発展の為に自らの顔、名前を売り込み、他から重要視されることを、いたく欲する人物がいつの時代にもいらっしゃいます。
 
先の参議院選挙に居酒屋チエーンの元社長が立候補されました。
この方は、たしか数年前の都知事選挙にも立候補され、落選されていらっしゃる。今回は当選なさっていらっしゃいます。
 
成功経営者が、なぜ、議員になりたいのか、私は、もう1つ理解できないのです。
非常に危険視するのは、「会社の社長でありながら、政治家の道、議員になられる方は殊の外、普通の人より自己顕示欲が強いのではないか?」と心配に思うからです。
確かに「自己顕示欲」は、行動の大きなエネルギーになりますが、経営者にとっては、諸刃の剣にもなります。
 
それは、「俺が!俺が!」の気持ちが、本当に強い方が多いのです。
会社も社員もすべて「俺の為」の存在でしかない方が多いのです。
確かに株の所有率も100% 俺が起業し、俺の金で、信用で、俺の力量を日夜発揮して、今日の地位を占められたことは認めますが・・・。
ただ、それだけでしょうか?
社員の、仕入れ先の金融機関の協力があればこそではないでしょうか。
 
私は、テレビのインタビューや成功事例の紹介の時は、社長は出るな! 社員(工場長や営業部長)を出してあげなさい! 彼らの手柄にしてあげてください! と申しております。
 
政治の世界へ、企業の社長が出てはいけないと思っています。
なぜなら、お客様の中には、与党派の方も野党派の方もいらっしゃるからです。
反対派の方々から、その会社の、その社長の、あら探しをして、ジャーナリストの餌食になってしまうからです。
 
昔、四国の某市の市長をなさっていた冷凍会社の社長がいらっしゃいました。
本業は、番頭さんの常務に任せておられましたが、常務さん、業績を粉飾して赤字をごまかしておられました。政務の忙しさで業績の実態がわからず、倒産しましたね。
 
週刊誌B誌では、居酒屋チエーンの労務管理、社会保険料逃れをたたいております。そして、ブラック企業だと決めつけられています。
働いている幹部や社長は、どんな気持ちでいるのでしょうか?
飲食業や深夜業は、パート化比率も高く、基幹産業の大メーカーと比較されれば、ブラック企業だと決めつけられてしまいますが、ジャーナリストは目立った事をすると叩いて、ほこりに目を付けてきますから・・・。
 
 
現場で日夜 苦労している従業員の為にも・・自己顕示欲はコントロールしてください。
その元経営者は、当然、世の為人の為、いかに国民の幸福を考え、己が理想を実現させたいという思いで動かれているのでしょう・・・。
 
今、又、有名病院もそうです。
何百億円をどぶに捨てるがごとく政治に使う、己が稼いだ金、どう使おうと社員、職員は何も言えませんが・・・。
 
どうか、経営者にとっては、己が名前を広めるよりも、事業が安全に成長していくことを第一に願いたいものです。

第91話 電話加入権を今すぐ除却せよ!前のページ

第93話 ダメな会社の経営幹部の価値判断次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

    強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

  3. 《インフレ期の経営》緊急提言

    音声・映像

    《インフレ期の経営》緊急提言

関連記事

  1. 第186話 贈与税がなくなる

  2. 第111話 なぜ自社の資産再評価行為(オフバランス)等をして、節税を考えないのでしょうか?

  3. 第62話 「今の時代に合わせた「人件費」の考え方 ~給料の高い人たちを使わないですむ組織とは~」

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2017年11月号
  2. 社員教育・営業

    第35講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ(4) ÿ...
  3. キーワード

    第73回 デジタル初版本
  4. 戦略・戦術

    第9回「香港をステップに次の狙いを考える」
  5. 経済・株式・資産

    第138話 サプライチェーンが中国に戻ってきた
keyboard_arrow_up