menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第六十八話 「やるしかない」(JR東日本ウォータービジネス)

社長の口ぐせ経営哲学

いま自動販売機が面白い。再編の動きがある飲料業界の中で、巨大市場といわれる自販機業界は低迷が続いている。
その中で、唯一、好調を続けているのが株式会社JR東日本ウォータービジネス
同社は、「飲料自販機の新たな価値を追求」する“自販機イノベーション”を宣言し、快進撃を続けている。
最近、「Suica自販機をエキナカからマチナカへ」という戦略を打ち出している。
独自の戦略とオリジナル商品の開発、積極的な事業展開を進めている。


 同社は“単一メーカーブランド機”が主流である飲料自販機に、“ブランドミックス機”という、他社商品も含めた“売れ筋商品”
の品揃えを実現している。ブランドミックス機の登場は「顧客の視点を重視」「メーカーに拘らず売れ筋重視の品揃え」
「コンビニの陳列棚の感覚」と、全く新しい視点を導入した自販機戦略である。3年間で売上げを36%伸ばすという実績を持つ。


同社を率いる田村修社長(42歳)は「好立地のエキナカビジネスをベースに、“ブランドミックス機”と“電子マネー・Suica
対応”をさらに推進しています。顧客を起点にした発想と 現場が生んだ視点を大切に展開していく」と言い切る。田村社長は
トップPRマンそのもの、一気呵成に熱く語りかけてくる。


同社が宣言している通り、“自販機イノベーション”の施策が次々に打ち出されている。
小銭を使用する業態の自販機に、電子マネー(Suica対応)の自販機が主流になるように推進。
また、自販機そのものを広告塔としての価値を高めていく戦 略を打ち出している。
まさに、エキナカビジネスの特性を最大に活用している事業である。
新機軸の一つが、デジタルサイネージと自販機の親和性を追及した 「メディアキュア」である。


同社の事業内容は清涼飲料の仕入れと卸し事業、エキナカを中心とする自動販売機事業、谷川岳の湧き水を活用した
オリジナル商品開発事業の3本柱である。ミ ネラルウォーター「大清水」をリニューアルして「フロムアクア~谷川連峰の
天然水~」(From AQUA)として発売、ヒット商品であり、主力商品に育っている。


田村修社長は、学生時代にアフリカの探検で死にかけた経験を持つ。
ビジネスの世界で先輩に教わった教訓を元に、「やるしかない」が口ぐせになっている。
仕事の上での試練、乗越えなけなければならない壁に対して、「やるっきゃない精神」を持って事に当たっている。
先の見えない、乱世の時代だけに、積極的な行動で新しい道を拓くリーダーの舵取りは重要である。
決めたら、「やるしかない」のがビジネスの世界である。

 

                                                             上妻英夫

第六十七話 「間違ったことをするな」(ブレイン)前のページ

第六十九話 「仕事に真剣になるのではなく、お客様に真剣であれ」(ピアンタ)次のページ

関連記事

  1. 第四十五話 「信用を築くには百年、失うのは一瞬」(ディグ)

  2. 第五十五話 「お客が大事」「夢を持つ」(炭火マルイチ)

  3. 第二十三話 手を抜くな、全力で尽くせ(麻原酒造)

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第56回  「IoT」で広がるビジネスチャンス
  2. マネジメント

    逆転の発想(28) 少数意見はアイディアの宝庫(文化人類学者・川喜田二郎)
  3. マネジメント

    第19回 決断の選択肢
  4. マネジメント

    第九十ニ話 「顧客に想いを伝えることが大事」(長岡商事株式会社)
  5. 戦略・戦術

    第162号 通販利用が高まる、出産の内祝い
keyboard_arrow_up