menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

危機を乗り越える知恵(8)チャーチルが有事にとった組織運用

指導者たる者かくあるべし

 平時のリーダーシップと有事のそれとは根本的に異なる。 有事に求められるのは、
 
  ①素早い決断とその実行のための組織づくり
 
  ②決断を組織末端まで徹底させるコミュニケーション術
 
  ③大局を俯瞰(ふかん)して判断する戦略眼
 
 の3点に集約できる。
 
 組織づくり。平時においては、まず不動の組織があって、各組織が決められた役割を分担することですむ。
 
 有事にあっては、膨大で緊急を要する実務を見極め、それに見合った組織を生み出す大胆さが肝要だ。
 
 「その権限はうちの組織にはありません」。どこにでもありがちな硬直した組織運用では有事には無責任体制となる。組織が実務を縛るのではなく、必要な実務が組織を生み出さなければならない。
 
 チャーチルは内閣を組織するにあたってまず国防省を置き、首相自らが国防相を兼任した。戦争指揮系統を簡素化し①と②を可能にした。
 
 さらに必要に応じて柔軟に、軍事生産委員会、戦車評議会、航空機生産省、英米合同原材料庁、英米船舶輸送調整庁などを組織し、膨大な行政需要に効果的に対応していった。
 
 ある意味、ヒットラー、スターリンと同じく戦時独裁的体制を敷いたのだが、チャーチルは大いに違う点があった。
 
 議会を重視し、議会に説明し議会の議論を経て、ものごとを民主的に決定していった。
 
 指示、指令も上から下への一方的なものではない。各組織から情報を上げさせ、迅速に処理した。彼の行く所、決裁書類が大きな箱に詰められ付いて回ったとされる。
 
 「情報は必ず文書で上げろ」は当然としても、「すべてペーパー1枚に要約するように」と指示した。
 
 目を通した膨大な書類のうち、緊急を要するものには、「即日実行」の付箋がつけられ戻された。決断と実行は速度が決め手となる。
 
 こうして英国が「ブリテンの戦い」という孤独な防衛戦を継続する中で、ヒットラーは英国本土上陸を断念し、1941年6月に突如、独ソ不可侵条約を破ってモスクワ攻略に向かった。
 
 あわてふためき必死で持ちこたえるスターリンからチャーチルに要請が届く。「英国はフランスに再上陸して第二戦線を開くべきだ」
 
 「時ではない」
 
 チャーチルは勝利のためのさらに大きな戦略を思い描いていた。 (この項、次週に続く)
                   
 
 ※参考文献
 『第二次世界大戦1~4』ウインストン・チャーチル著 河出文庫
 『危機の指導者チャーチル』富田浩司著 新潮選書
 『チャーチル』河合秀和著 中公新書
 『チャーチル不屈のリーダーシップ』ポール・ジョンソン著 日経BP社
 
  ※当連載のご感想・ご意見はこちらへ↓
  著者/宇惠一郎 ueichi@nifty.com 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危機を乗り越える知恵(7)チャーチルのコミュニケーション術前のページ

危機を乗り越える知恵(9)チャーチルの大戦略次のページ

関連記事

  1. 交渉力を備えよ(21) 口約束では味方も説得できない

  2. 万物流転する世を生き抜く(39) 三国志の教訓・泣いて馬謖を斬る

  3. 万物流転する世を生き抜く(2) ローマ・カルタゴ戦争

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2015年2月号
  2. 社員教育・営業

    第38話 成長課題 管理職の部下育成術(38)
  3. 健康

    第17号 月のリズムとインフルエンザ
  4. 税務・会計

    第4回 人件費は、B/S(貸借対照表)の隠れ資産です。
  5. 経済・株式・資産

    第21話 債務過多の解決策は3つしかない
keyboard_arrow_up