menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

交渉力を備えよ(34) 官僚を動かすコツ

指導者たる者かくあるべし

 日米繊維交渉の妥結結着という重荷を背負って通産省に乗り込んだ田中角栄は、逃げ腰の官僚たちを思い通りに動かすことにかけた。

 登庁初日、官僚たちを前にした挨拶で田中はこう切り出す。

 「予は三代将軍家光のごとき気持ちである」

 何を言い出すんだ、と呆気にとられる職員たちに向けて話を続けた。

 「よく知られているように、家康は加藤清正、福島正則など(の有力武将が)まだいたから、“予は将軍なり”と大きなことをいえば、いつ足を引っ張られるか、わからなかった。

 二代将軍の秀忠は虚弱にして、そんなことをいう元気もなかった。ところが、家光は“生まれながらにして将軍である”といった。私は通産大臣となってここへきて、初めて国務大臣になった気がする」

 なぞかけのような挨拶に二つの意味があった。

 まずは家康、秀忠に先人大臣の大平正芳、宮沢喜一を暗にたとえて、自分は彼らと違い、家光として思う存分仕事のナタを振るうという意思表明である。

 いま一つの意味するところは、入庁年次が支配する官僚機構への挑戦である。田中自身、三十代で郵政大臣、その後に大蔵大臣を務めたが、いずれの時も事務次官は田中よりずっと年上で、若造扱いされて苦労した。

 挨拶はさらにこう続く。

 「今回、事務次官の両角良彦君は昭和16年後期の卒業である。田中角栄が東大を出ていれば昭和16年前期である」

 小学校しか出ていなくても、おれの方が年上だ、おれを向いて仕事しろと暗示したのだ。

 役所という組織は、事務方のトップである事務次官がすべてを動かす。1年、長くても2年もすれば首のすげ変わる大臣に忠誠を尽くしても何の益もないと官僚たちは考える。

 並みの大臣であれば、無駄な抵抗を避けて、事務次官の決定と報告にハンコをつくだけで良しとする。ものごとは前例主義の枠から抜け出すことはない。田中はそこに挑戦状を突きつけたのだ。

 精力的に仕事を始めた田中は、日米繊維交渉について経緯を担当官僚から説明を受けた。

 「米側は、日本の繊維製品のために国内の繊維産業が大きな打撃を受けているといいますが、実態がない。譲るわけにはいかないのです」

 問題は、そこにはない。これは政治、国際政治の問題なんだと田中は見抜いていた。  (この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

※    参考文献

『早坂茂三の「田中角栄」回想録』早坂茂三著 小学館
『田中角栄 頂点をきわめた男の物語―オヤジとわたし』早坂茂三著 PHP文庫
『田中角栄の資源戦争』山岡淳一郎著 草思社文庫
『日米貿易摩擦―対立と協調の構図』金川徹著 啓文社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交渉力を備えよ(33) 田中角栄、日米繊維交渉に動く前のページ

交渉力を備えよ(35) 責任は私がとる次のページ

関連記事

  1. 挑戦の決断(8) 時代の変革期に先手を取る(足利尊氏)

  2. 決断と実行(11)日本海海戦<明確な決意と指示>

  3. 交渉力を備えよ(45) 首脳会談は人間と人間の勝負

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第229号 新商品開発は長期繁栄の要
  2. マネジメント

    第9回 ”性格・態度・話し方”から人を読む法
  3. 社員教育・営業

    第145回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方67「オンラインでの打ち合わ...
  4. 人間学・古典

    第5人目 「石田三成」
  5. キーワード

    第101回 酒々井プレミアム・アウトレット
keyboard_arrow_up