menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

日本的組織管理(13) 結果論では叱らない

指導者たる者かくあるべし

  データ重視野球の創始者である元プロ野球監督、野村克也のモットーは、「人は叱られて育つ」である。ただし、やみくもには叱らない。

 「とくに若手選手と接するときに大切なのは、絶対に結果論で叱らないことだ」という。野球に例をひくと、こういうことだ。

 ある打者が三振した。もちろん、日ごろからデータ重視の野村野球で鍛えられているから、打者はカウントや得点差、投手の配給パターンなどを考えて打席に臨んでいる。結果としてヨミがはずれて見逃し三振したとしても、彼は叱らない。野村が叱るのは自力に頼って努力を怠る選手だ。

 たとえばカーブを待っていたのにスレートが来て見逃し三振したのなら、球ヨミになにか問題があったのだ。「なぜ、カーブを待ったのか」を聞いて、根拠があれば、叱る必要はない。

 その準備、努力を誉めた上で、「次はこう考えたらどうだ」とアドバイスした方が次の打席に繋がる。失敗が次の成功を生む。

 三振という結果を叱ったのでは、選手は次から「三振だけはすまい」とマイナス思考となり、悪循環に陥るだけだ。

 結果重視では何の蓄積ももたらさない。成功を目指す努力のプロセスこそ、成長を生む母だという。

 しかし、努力が必ずしも結果につながるとは限らない。野村に言わせると、「努力の方向が間違えているからだ」となる。

 楽天でその才能を野村に見出され、今や米大リーグ・ヤンキースで投手として大活躍の田中将大(たなか・まさひろ)にも、実は〈間違えた努力〉による、まわり道があった。

 田中はプロ一年目の2007年、ストレートとスライダーを武器に11勝7敗の好成績で新人王を獲得した。さらなる成長を周囲は確信する。

 明けて二年目の春季キャンプで、田中は目標を野村に告げた。「ストレートで空振り三振が取れるボールを投げたい」

 「よし、やってみろ」と野村の許可を得て、努力の虫の田中は、スピードボールに磨きをかけに入った。その結果、フォームのバランスを崩し、スライダーの威力も半減してしまう。この年、田中はルーキーイヤーを下回る9勝7敗の不本意な成績に終わった

 「あの時、アドバイスすべきだったのは、〈まず理想のフォーム作りに専念しろ。そうすれば、自ずと空振り三振の取れるストレートの威力がついてくる〉だっただろう」

 野村は後に、田中の足踏みをわびたという。

 社員の努力を正しい方向に導く的確な助言ができるかが、リーダーに問われる。そのためにも、リーダー自身が、正しい努力の羅針盤を持っていることが大前提となるのだが。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『最強の組織をつくる 野村メソッド』野村克也著 彩図社
『野村再生工場―叱り方、褒め方、教え方』野村克也著 角川oneテーマ21
『なぜか結果を出す人の理由』野村克也著 集英社新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本的組織管理(12) 人材育成には、短所こそ大改革せよ前のページ

日本的組織管理(14) 無視、称賛、非難の三原則次のページ

関連記事

  1. 挑戦の決断(33) 感染症に立ち向かう(上杉鷹山)

  2. 故事成語に学ぶ(39) 用兵攻戦の本(もと)は、民を壱(いつ)にするにあり

  3. 挑戦の決断(46) 革命プラン(孫文  下)

最新の経営コラム

  1. 第四十八話 会社を辞める理由のトップは現場の人間関係

  2. 第155話 今年5.5%成長の政府目標が絶望的

  3. 第226回 一言で伝える

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. コミュニケーション

    第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ
  2. マネジメント

    組織を動かす力(7)社員の独創性を引き出す
  3. 人間学・古典

    第32講 「言志四録その32」本然の真己あり、駆殻の仮己有り。
  4. 不動産

    第51回 セキュリティーの高さはスケールメリットや管理費の価格に比例して高くなる
  5. 人事・労務

    第18話 テレワーク業務を評価するにあたっての課題と対応
keyboard_arrow_up