menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

故事成語に学ぶ(32) 日暮れて道遠し

指導者たる者かくあるべし

 執念の男、伍子胥(ごししょ)
 『史記』が描く傑物の列伝の中で、伍子胥(ごししょ)の物語はあまりに激烈で、物悲しい。思わず感情移入してしまう名篇である。
 はじめは楚の平王に仕えた伍子胥は、あまりに優秀であったが故に父、兄とともに周囲の讒言に遭い、陰謀によって父兄は殺された。彼自身、国を捨て亡命、流浪の旅に出る。彼の人生は裏切った祖国・楚への復讐への執念で貫かれる。彼の生き様は、『春秋左伝』『韓非子』にも登場するが、『史記』に見える、優秀さと裏腹の激情が招く悲惨な最期は、まるで抗いがたい運命を描くギリシャ悲劇なのだ。
 
 死者に鞭打つ激情
 亡命先の宋、鄭(てい)でも国を追われた伍子胥は、楚と対抗する呉王・闔閭(こうりょ)にようやく拾われる。『孫子』を書いた孫武を武将として推薦し、二人は楚攻略の策を練る。楚王の代替わりの混乱に乗じて伍子胥は楚の都を落とす。伍子胥は恨み骨髄の平王の墓をあばき、遺体に三百回も鞭を打ち、積年の恨みを晴らした。
 隣国に逃げおおせたかつての楚の友は、「お前もかつては平王のそばに仕えた身ではないか。一時の勢いに任せて勝ったつもりでも、天道が定まれば、いずれお前は仕返しを受けることになるぞ」と、人づてに残虐行為を諌めた。興奮を収めて伍子胥は言う。
 「日暮れて道遠し。故に倒行(とうこう)してこれを逆施(げきし)するのみ」(私は年取って残された時間がないが、やるべきことはまだ多い。仕返しのために手段を選んでいる場合ではない)
 復讐の激情を行動規範にしていては、いずれしっぺ返しを食らう。さらに年老いての焦りは、時として理性的判断を狂わせる。友の予言めいた忠告は、やがて伍子胥の身を襲うことになる。
 
 身に降りかかる悲劇
 時は過ぎ、呉は夫差(ふさ)が王となった。夫差は越との戦いで勝利したがとどめをささず、中原に攻めのぼるために北方の斉を討とうとした。伍子胥は、南方の越を徹底的に撃滅すべきだと強く意見した。結果的に夫差の北伐は成功し、伍子胥は死を賜る。
 自ら首をはねる前に、鬼の形相で言い遺した。「墓の上には、やがて必要となる夫差王の棺桶用に梓の木を植えよ。城の門には、わが眼をくり抜いて掲げよ。やがて越軍がやって来て呉の国を滅ぼすのを見届けるために」。死ぬまで激情の人なのである。「あくまで俺は正しいのだ」と。夫差は怒り狂って、伍子胥の遺骸を馬の革にくるんで揚子江に投げ込ませた。
 やがて越王は、国力を立て直して呉に攻め込み、呉は滅んだ。伍子胥の判断は正しかったのだ。優秀で正しい判断も、その言動が相手に恨まれる。慎むべきは慎むべきなのだ。
 司馬遷は、この列伝の結語で言う。「怨恨が人に及ぼす害毒はなんと甚だしいものか」と。そして続ける。
 「しかし、彼は(楚王から受けた一族の)大恥辱をそそいだ。烈々たる丈夫でなくて、これは成し遂げられなかっただろう」と、伍子胥の激情に同情的である。おそらく、自らが李陵事件で身に受けた宮刑の屈辱と、『史記』著述に後半生をかけた自らの復讐とも言える烈々たる思いとを、伍子胥の人生に重ね合わせていたのだろう。
 
(書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com
 
※参考文献
『世界文学大系5B 史記★★』小竹文夫、小竹武夫治訳 筑摩書房
『史記を語る』宮崎市定著 岩波文庫

故事成語に学ぶ(31) 法を棄てて私を用いれば、すなわち上下わかたれず前のページ

故事成語に学ぶ(33) 君命も受けざる所あり次のページ

関連記事

  1. 万物流転する世を生き抜く(1) 藤沢武夫の経営観

  2. 情報を制するものが勝利を手にする(16)
    相撲に負けて勝負で勝つ

  3. 交渉力を備えよ(49) 本音で向き合うことが信頼関係の基礎

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第144号 宅配サービスの新ビジネスモデル
  2. マネジメント

    第六十五話 「もう一件、あと一件」(日本映像教育社)
  3. キーワード

    第186回 コラボ企画
  4. ブランド

    【ネクタイ考】 エレガントな幅とは? -1-
  5. マネジメント

    第48回 「繰り返し売る仕組み」事例
keyboard_arrow_up