menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第9号 「自然治癒力ムーブメント!」

おのころ心平の ──社長のための「か・ら・だマネジメント」

 2009年、いよいよ始まりました。明けましておめでとうございます。

 昨年来の不景気大報道で、なんだか元気を出すのがむずかしいですが、たぶん、こんな時こそ、「シンプル」に物事を考えるのがいいんじゃないかと思います。

 『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 マルコム・グラッドウェル著(光文社)という本を読んで、なるほどー、僕らには、ちゃんと判断できる能力がもともと備わっているんだねー、と感心しました。

 こうした能力は、今年のような時こそフル活用すべきなんですね。そういう意味では「自分をいかに信じることができるか」が、今年のテーマになるような気がします。

 さて、私の専門は、カラダの持っている才能とも言うべき「自然治癒力」。そこで昨年末、一般社団法人自然治癒力学校、というのを設立しました!

 国内外のさまざまな自然治癒力に関する情報・ケースを集め、それらを日常生活に活かすプログラムにして、広く情報発信していきたいと思っています。

 世の中には、さまざまな能力開発メソッドというのがありますが、うまく開発できる人となかなか開花しない人がいます。

 その差は、実は、カラダの健康度合いと関連があるんですって。カラダの方にエネルギーが奪われていると、能力開発までエネルギーがまわらないわけなんですね。

 自然治癒力という才能は、きっと、脳も身体もひっくるめたところで発動します。頭でだけ考えて開花するものでもない。イメージや、ココロの開放、そして、自然を感じられる感性というものが、とっても大事になってきます。

 このたび、自然治癒力学校設立を記念して、今年3月15日(日)に、記念オープンセミナーをやるのですが、その会場を、兵庫県淡路島にしました。

 自然豊かな淡路島で、自然を感じながら、カラダの中の自然も感じようというのがテーマです。

 神戸から明石海峡大橋を渡ってすぐに、淡路島夢舞台というところがあります。昔、「花博」会場で使われたのですが、この夢舞台にある国際会議場は、国際会議の国内使用率第4位を誇る立派な施設なんですって。

 セミナーでは、日本の代替医療を永らく牽引されてこられた帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長、NPO法人日本ホリスティック医学協会会長)をはじめ、ウォーキングで有名なデューク更家先生や、淡路島在住の現代美術家・尾崎泰弘さん、ヴィッセル神戸で活躍された元Jリーガー内藤潤さんなど、豪華な面々が、このイベントにご参加下さることになりました。

 まさしく3月15日(サイコーの日)にふさわしいセミナーにしていけたら、と思っています。

 そして、なぜ、淡路島でやるのか、というのにはもうひとつ理由があるんです。

 実は私は、淡路島をヒーリングアイランドにしていけたらなー、という構想を持っているんです。

 ある人から、ハワイ島は、観光だけじゃ立ち行かなくなって、州政府がヒーリングや代替療法関係に税制面で優遇しながら誘致している、って話を聞いたことがあります。

 へー、日本にもそんな場所があったらいいなー。

 自然豊かな淡路島。アクセスが便利なのに、橋を渡るといきなり空気の変わるこの島。

 そうか、ここにサナトリウムや多くの代替療法、セラピーを安全に受けられる滞在型「癒しのヴィレッジ」があったらいいな。

 フィリピンにあるザ・ファームってご存知ですか?

http://www.je-web.com/thefarm/

↑ こんな感じがイメージなのです。

 自然療法と最新医学とが共同して、訪れる方々の「カラダの自然」を取り戻すお手伝いをする。淡路島は子午線も通り、古事記にも出てくる国生み伝説もあるので、カラダの本来の力を思い出す、日本人のカラダの故郷としてもふさわしい。

 いま、構造的な不況の時代を迎えていると言われていますが、逆に、新産業にとっては大きなチャンスがやってくると思います。

 エネルギー、医療、福祉、教育。また、農業や環境技術にとっても、ようやく新技術・新発想に大きな注目や資金が 集まるようになります。

 「マネーゲームに振り回されるのはもうコリゴリ、足もとをしっかり見ながら 本質的な生き方をしようよ」という流れが、今年を皮切りに大きな潮流となっていくのが本当でしょう。

 地域の特性、環境を活かした街づくり、新サービスが求められる時代となって久しいですが、こんなちっぽけな私でも、そんな地域モデルに貢献することを今年のテーマにしたいと思います。(宣言!)

 たーくさんの方といっしょに、ココロとカラダのハッピー自然治癒力ムーブメントを起こしていけたらうれしいです。

 サイコー(315)、自然治癒力学校設立オープンセミナーに、たくさんのご来場をいただけたら、それそのものが、ココロとカラダの自然治癒力に対する人々のニーズとなります。

 この力で行政を巻き込んで、地域モデル推進のきっかけにしたいと思います。

 では、2009年、皆さんにとって、とってもハッピーな年になりますように。(というより、いっしょにハッピーにしてしまいましょう!)

 *このセミナーの詳細については、おのころ氏saiko315@naturepower.jpまでお問い合わせください。

  ※おのころ心平氏に質問のある方は、なんでも結構ですので下記にお寄せください。
  Q&A形式で、このコラムにて回答させていただきます。なお、重篤な疾患など
  コラムで取り上げにくい内容は、個別での回答とさせていただきますので、ご了承ください。
  質問あて先メールアドレス(担当:高橋)/etsuko@jmca.net

 

第8号 「不透明な時代にこそ、元気を」前のページ

第10号 「大切なことはカラダに聴いてみよう!」次のページ

関連記事

  1. 第10号 「大切なことはカラダに聴いてみよう!」

  2. 第25号 3大疾患~予防のココロ(4)心臓病

  3. 第20号 3大疾患~予防のココロ(2)がん

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    後継の才を見抜く(9) ホンダのツートップ、幸せな引退
  2. サービス

    64軒目 原価率60%以上の凄い店
  3. 経済・株式・資産

    第67回「経済に明るさの見える今こそインフレ対策を」
  4. キーワード

    第80回 宇宙飛行に成功
  5. 戦略・戦術

    第96話 M&A 立ち会って思う事 その(1)
keyboard_arrow_up