menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第50回 熊谷温泉(埼玉県) 首都圏スーパー銭湯の最高峰!

これぞ!"本物の温泉"

■湯にこだわり始めた市街地の湯
 数年前まで、「泉質にこだわる自分は、東京近辺の市街地に湧く温泉では満足できない」と考えていた。
 市街地に温泉施設をつくろうと思えば、もともと温泉が湧いていない土地を掘削し、地中深くから湯をくみ上げなければならない。多くの湧出量は見込めないうえに、市街地だからたくさんの入浴客が押し寄せる。
 それに合わせて湯船を大きくし、たくさんつくれば源泉が足りなくなり、循環濾過して何度も使いまわさなければならない。結果、温泉の個性が失われてしまう、という負のスパイラルに陥ってしまうのだ。
 しかし近頃、そうした固定観念を改めさせられる温泉施設が増えてきている。小さいながらも源泉かけ流しの湯船をつくるなど、「本物の温泉」を楽しんでもらおうという施設の意図が続々と形になっているように感じるからだ。
 その筆頭が埼玉県熊谷市にある「花湯スパリゾート」である。都心からは電車で約90分。さらに送迎バスに揺られること約15分。国道から少し入った住宅街に温泉施設が姿を現す。都心からアクセスするには少々遠いこともあり、駐車場に並ぶのはほとんどが地元ナンバーである。
 
50.jpg
 
■ぬるめの源泉をそのままかけ流し
 内湯にも浴槽が複数並んでいるが、「本物の温泉」は庭園風に設えられた露天風呂で味わえる。それにしても、露天の敷地が広大である。敷地面積は約7200坪、東京ドームの約半分のスケールだ。内湯から数十秒歩かないと目当ての湯船にたどり着かないほどで、その道中には人工の川や橋もある。
 数ある湯船の中でも、最も温泉の状態がよく感じられるのは、源泉かけ流しのヒノキ風呂。8人くらいが入れる湯船には、わずかに黄色をおびた透明湯がかけ流し。体感の泉温は38℃くらいだろうか。かなりぬるめである。
 泉質は単純温泉だが、わずかに硫黄の香りも漂い、肌触りもやさしい。地中の植物成分が溶け込んだモール泉の特徴を備えている本格派だ。まさか埼玉の市街地で、このレベルの湯に出会えるとは驚きである。
 ぬるめの湯は長湯に最適である。湯船から広々とした庭園をぼんやり眺めていると、自然と心もリラックスしてくる。大型の日帰り施設にしては、静かな環境であるのもポイント。これは広大な敷地のメリットだろう。少し肌寒く感じたら、隣にある1人用のつぼ湯で温まるといい。加温されているが、かけ流しである。
 特筆すべきは、ぬるめの源泉を加温することなく、そのままかけ流しにしている点だ。通常、不特定多数の入浴客が訪れる市街地の温泉施設は、平均的な42℃くらいに加温してしまうことが多い。ぬるいままだと、不満を訴える客が必ずいるからだ。
 ぬる湯の源泉をそのまま提供できるのは、毎分300リットルと湯量が豊富だからである(毎分300リットルは埼玉県の楊湯規制の最大量)。そのため、ぬる湯以外にも加温した源泉などバラエティーに富んだ湯船を用意して、客の多様なニーズに応えている。
 
■一日いても飽きない充実した設備
 花湯スパリゾートの魅力は源泉だけではない。人気の「温活cafeネスト」は岩盤浴中心のスペース。「温活(平均体温をあげること)」によって免疫力を高めるのがコンセプトの空間である。
 この空間の充実度が半端ではない。500円の追加料金はかかるが、複数の岩盤浴やロウリュウのほか、マンガ(1万5000冊)やリクライニングチェア、PCスペースなどを利用できる。電動マッサージ機も無料である。若者グループで賑わっているのも、設備の充実度ゆえだろう。
 食事処も深谷ネギなど地元食材をウリにするなど、メニューがバラエティーに富んでいて味もチェーン店の居酒屋よりおいしい。地酒が置いてあるのも酒飲みにはうれしい。
 上質の温泉につかって、施設内でゆっくり過ごし、また湯につかる。丸一日いても、まったく飽きることがない。これぞまさに究極の〝スーパー″銭湯だろう。
 

第49回 わいた温泉郷(熊本県) 温泉は見た目も大事 !? 湯けむりが自慢の出湯前のページ

第51回 那須湯本温泉(栃木県) 素朴な共同浴場で味わう極上の「アツ湯」次のページ

関連記事

  1. 第34回 峩々(がが)温泉(宮城県)「飲める温泉」こそ本物の名湯!

  2. 第14回 三朝温泉(鳥取県)「浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし」の放射能泉

  3. 第12回 湯西川温泉(栃木県)インスタ映えする冬の風物詩「かまくら祭」

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第3回 ブドウからワインを選ぶ:カベルネ・ソーヴィニヨン
  2. マネジメント

    第117回 『笑顔でわかる平静さ』
  3. マネジメント

    第17回 正社員は幸せでみんなが目指すべきだという価値観の国会議論
  4. 新技術・商品

    第28話 自分自身が外に打って出ること
  5. 経済・株式・資産

    第20話 昔からある業種では、視点を変えなければ利益も増えない
keyboard_arrow_up