menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第2話 「任すから任せるに足りる人を創れ!」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

  「任すから任せるに足りる人を創れ!」という大命題を受けたのは良かったが、さて、具体的にどうすればいいのか? 
 
真剣に考えて七転八倒したが、とりあえずその答えの糸口を見つけるために、まず全社員が平等に持っているものを武器にして社員教育すればいいの ではと考えた。
 
結論を述べるとそれは、一日1440分という「時間」と140~150億という脳細胞の数という「脳力」、その結び付き方(回路づくり=習慣 づくり)(※城野宏先生の提唱した脳力開発という考え方)があるという事に行き着いた。
 
この2つを武器として最大限に活用していける社員に育てれば、先代社長のような人物になれると目からウロコが落ちる思いをしたのであ る。
 
詳細は折に触れるとして、その内容を具体的に社員の行動レベルに
落とし込んでいこうとする過程の中で「任すから任せるに足りる人」とは、
 
“社長と同じ考えを持って行動し成果を上げてくれる人”すなわち“社長の分 身”を創る事が重要なんだとの気づきがあった。
 
そんな折、先代社長に「任すから任せるに足りる人」を一言で言うとどうなりますか?と訊ねると、
 
「経営者的な感覚を持った人でないとあかんなぁ」「担当する仕事の責任を自ら全うできる人でないとあかんなぁ」などと言われ、まとめ上げた結論 が、「部門経営者」となった。
 
これは、「自分が担当する仕事は自分が最高責任者なんだ」という意識を持って仕事をする人という意味である。そして、それを定義づけ た。
 
「自らが計画を立て、チェックし、改善し、その目標の達成に責任を持つ」 そんな人を育てればいいんだという結論に行き着いた。
 
もし、全社員がこの部門経営者に育てば、どれほど“強い会社”になるかと思うと身震いがしたことを今でも覚えている。
 
皆様の会社を取り巻く経営環境のめまぐるしい変化に対応し、ビクともしない“強い会社”とするためには、この部門経営者を育てる“人づくりの仕組み”が重要ではないでしょうか。
 
次回からこの“人づくりの仕組み”をつくる過程の中で、先代から学んだ事を具体的にお伝えしていきます。

 

第1話 「人こそすべて、人が企業」前のページ

第3話 「これ、ちょっと考えてくれるか?」次のページ

関連記事

  1. 第27話 人を育てる管理職の育成が企業発展の要

  2. 第34話 「自創経営における人格能力の育み その4 思考方法編(1)

  3. 第13話 “人が育つ人事”が21世紀の成長戦略

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 採用・法律

    第4回 『債権の消滅時効期間がかわる!』
  2. 戦略・戦術

    第57話 「社員が燃える組織について」
  3. 戦略・戦術

    第24回「働きがいと儲けの融合 潜在意識に働きかける社内作り!?」
  4. 経済・株式・資産

    第85話 会社が破たんする原因は資産にある(14)
  5. 人間学・古典

    第20講 「言志四録その20」立志の功は、恥を知るを以て要と為す。
keyboard_arrow_up