menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

コラムニスト詳細

東川鷹年氏

「自創経営」の創始者

専務・常務の最大の仕事は、社長が打ち出す経営計画を完成させる仕組みを作り、全社員に徹底させることである。
東川鷹年氏の「自創経営法」は、社員一人一人がイキイキと働き、確実に目標達成させる仕組みであり、いままでの業績管理手法とはまったく違う。
この大不況の中でも、導入企業154社全てが目標を完全に達成、中には二倍以上の達成率を誇る企業もある。
社長として、専務・常務をはじめ、幹部・社員に対し、経営計画を実行・徹底させるための「自創経営法」自社導入のやり方を指導。
西尾レントオール株式会社取締役総務部長として、社員一人一人が全力で仕事に取り組み、目標達成に向けてチャレンジするニシオ式人事制度「目標管理制度」を構築。50人の中小企業を東証一部上場、社員一人当り利益300万円の高収益・優良企業に育て上げた中心的存在。
《著書》
『ニシオ式躍進経営の研究』(明日香出版社)
『SMAPランクアップノート』(脳力開発センター)
『社員がワクワクして仕事をする仕組み』(日本経営合理化協会出版局)
『社長が判断すべき重要人事』(日本経営合理化協会出版局)

連載中の経営コラム

  1. 最終更新:2011.12.06

    東川鷹年の「中小企業の人育て」

    “人づくり”の仕組み「自創経営」創始者・東川鷹年の 「先代から学んだ中小企業の人育て」。 数回にわたり、私がこの「人づくりの仕組み」に取り組む中で、先代社長から学んだことを、お伝えすることにより、皆様の今後の経営の参考となればなによりも幸いです。

最近のコラム記事

コラムピックアップ

  1. 第29人目 「織田信長」

  2. 「経営に奇策はない」
    佐藤 肇氏(スター精密 代表取締役会長)

  3. 統計データを経営に活かす 第4回 貴社のブランド力を評価する方法

  4. 第2話「イノベーション」対「進歩」

  5. withコロナ時代の社長の話し方|講師インタビュー「リーダーの話し方」新田祥子氏

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する
  1. マーケティング

    第2話 USJの不幸と失敗
  2. 健康

    第19回 蔦温泉(青森県) 梅雨と蛍の時期に訪れたい足元湧出泉
  3. 後継者

    第56回 「騙し」にあわない、あわせない
  4. マネジメント

    第49回 特別対談:アースホールディングス取締役 山下誠司氏(第1回/全3回)
  5. ブランド

    価値ある人を見分ける・イメージ判断法 -時計のヴァリュー-
keyboard_arrow_up