menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第46号 「2種類のモチベーション」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
今年も新年を無事アメリカで迎えることができました。

さて今回は「モチベーション」という言葉についてお話したいと思います。
この言葉は知らない人がいないほどすっかり日本でも浸透した言葉となりました。

ところでこのモチベーションには2つの種類があるのをご存知でしょうか?
2つの種類とは"恐怖"と"喜び"です。
人はこのどちらにでも反応しモチベートされます。

例えば"○○をしないと解雇するよ"という言葉、もし自分が絶対に解雇されたくなければ物凄い恐怖となり、
しっかり人をモチベートしますし時として物凄いパワーになることがあります。

反対に"○○ができるのは君しかいないから、よろしく頼むよ"と言われたら喜びとなり、
これまたしっかりと人をモチベートします。

どちらも人をモチベートさせることができるのですが前者の問題は"恐怖"を感じている間のみ有効なもので、
有効期限が切れたらすっかり効果もゼロになります。
"○○しないと解雇するよ"と恐怖を与えても相手が"そうなったら別の場所を探しますから結構です"と思った瞬間から、
この言葉にモチベートする効力はありません。
恐怖をモチベーションに使うには常に自分が絶対的な権力で相手を支配している時のみ有効で
現代の日本ではこの様な関係で人を長期モチベートさせることは無理があります。

では人を長期にモチベートしたい時はどうしたら良いのでしょうか?

それは相手にとってモチベートすることが得で、モチベートしないことが損であることを理解させなければなりません。
この"損得"の定義はあくまでも相手の理由でなければなりません。

動くと得をし、動かないと損することを理解すると人は簡単にモチベートされてしまいます。
人は必ず自分にとって"得"を選択します。

ただ人によっては何が"得"であるかのルールがバラバラなのです。

以前、あるプロ野球球団で講演した時、コーチ陣から同じような質問を受けました。
お話を伺うとコーチ達は相手を叱咤させる時に"俺に恥をかかせる気か!""もっと死ぬ気でやれ!"と
激を飛ばしていたそうですがやはりついてこない選手達が多かったそうです。
そこでモチベートさせる為にコーチの立場からでなく選手からの立場で、ここでやることが自分にとって
どれだけのメリットがあり、やらないことで何を失っていくのか?をイメージしてもらいました。
すると大きく納得してもらうことができました。

やはり恐怖からでなく喜びからモチベートするのがベストです。

第45号 「ジョージ H.W ブッシュ」前のページ

第47号 「石川遼選手のインタビューに学ぶ」次のページ

関連記事

  1. 第79号「What does it mean to you ? 」

  2. 第29号 「正しいイメージ VS 間違ったイメージ 後半」

  3. 第25号 「心に栄養を与える人VS体に栄養を与える人]

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. サービス

    第134話 《軽快なタッチのお料理+七ツ星で提供しているカレーでランチ》デフィ・...
  2. マネジメント

    第20回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:ディズニー
  3. 人間学・古典

    第30講 「言志四録その30」人は少壮の時にあたりては、惜陰を知らず。四十を過ぎ...
  4. 社長業

    第4回 「時代に合わせて進化するということ」
  5. キーワード

    第74回 AIを使った文書作成
keyboard_arrow_up