menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第41話 「TIBORで銀行金利率を下げよ!」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

 市場変動性金利についてお話します。
 

 「タイボ プラス スプレッド」と私は経営指導の中でも経営者の方々にお話します。皆さんが銀行にお支払の支払い金利率の事です。
 
 「タイボ プラス スプレッド」の金利率の方式で資金を調達しなさい、とアドバイス申し上げています。
 

 未だにこの事が理解されていない方々が多数、この世の中にいらっしゃり、高い支払金利を支払っている中小企業の方々が多いのです。
 

タイボ TIBOR 東京銀行間取引金利
 

 平日の日本経済新聞の19ページあたり、マーケット総合2のページの右側に主要指標の中の短期金融市場欄に毎日、出ています。
 
 1週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、1年と掲載されています。
 
 スプレッド・・・・・上乗せ金利の事を言います。
 

 よって、タイボ プラス スプレッドとは、タイボ金利に銀行が上乗せ金利を乗せて貸しましょうという金利率なのです。
 
clinic41_01.jpg
 スプレッド、上乗せ金利率は定めがありません。
 
 銀行と皆さんの関係で決まるのです。交渉力なのです。正に社長、財務担当役員の力が試されるのです。ハードネゴシエーション(厳しい交渉人)になって欲しいのです。
 

  例えば
 

    1週間ごとに計算して借りる場合
    (銀行が計算してもってきてくれます)
 

      0.18455 + 0.1 = 0.28455
 
      TIBOR プラス スプレッド
 
     となるのです。
 
 「先生! スプレッドが0.1ですって、そんな低いスプレッドってあるのですか・・・」という声がありそうですね。
 
 「君のとこはスプレッドはいくら・・・」
 
 「我が社は0.5 コンマ 5です」
 
 「我が社は0.3 コンマ 3です!」の答えが聞こえてきるようですね。
 
 「私の指導先で今や0.1コンマ1を切っています。0.08です」
 
 ですから0.26で借りているのです。決して上場会社でも大企業でもなく、自己資本比率も23%しかない会社ですが、ちなみに平均金利は
 

  長期平均金利率  0.48
 
  短期平均金利率  0.28
 
 で借りておられます。皆さん、しっかりと銀行交渉してください
 

 

第40話 「賢明なる二代目経営者」前のページ

第42話 「良い投資と悪い投資」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

    音声・映像

    井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

関連記事

  1. 第117話 預金封鎖は実行できない!

  2. 第172話 手形決済期限が120日以内から60日以内になります

  3. 第61話 「利益の出る組織の5つの基本原則」

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第66回「流行は追わずに、ひたすらわが道を行く強さ」ウェルシアホールディングス
  2. 戦略・戦術

    第107話 ささやき税理士は、税務上の評価軸で会社をみている
  3. 社員教育・営業

    第22話 成長課題 管理職の部下育成術(22)
  4. ブランド

    眼力
  5. 社員教育・営業

    第88回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方 8
keyboard_arrow_up