menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

不動産

第46回 モデルルーム及びモデルハウスのオプション満艦飾は避ける事。

売れる住宅を創る 100の視点

 今回からはフェーズ8の「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の第1項目である『 モデルルーム及びモデルハウスのオプション満艦飾は避ける事。 』に関してのお話を致します。

前回はフェーズ7「 住環境づくり 」5項目の最後である5番目に大切なポイント、『 周辺環境が良い事 』のお話を致しました。『 周辺環境が良い事 』は「 住環境づくり 」で五番目に重要なのです。「 住環境の良い地域 」で「 戸建団地 」や「 分譲マンション 」を販売致しますと、交通利便性が良いと直ぐに申し込みは入りますが契約までにはなかなか至らず、「 住環境づくり 」の第1項目『 社会環境が良い事 』、第2項目『 教育環境が良い事 』、第3項目『 自然環境が良い事 』や第4項目の『 周辺環境が良い事 』を重視いたしませんと準大手や中堅ディベロッパーは「 ブランド 」が浸透していないので販売時には大変苦労致します。特に最近の都市部の分譲マンションや建売戸建の購入者は、物件の場所を中心に約半径50メートル~100メートル位の『 周辺環境 』をチェックしていますので要注意です。

さて、今回からは建築家の私が最も得意とする「 モノづくり 」への「 こだわり 」のお話を致します。

このコラムで、いつも申し上げていますが、準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーにとってはこれから分譲予定物件の「 モノづくり 」はとても重要で良いマンションを作りつづけますと会社の「 ブランド 」になってきます。

ですので、今回のタイトルは「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の第1項目である『 モデルルーム及びモデルハウスのオプション満艦飾は避ける事。 』と致しました。今回も私の今迄の分譲マンションや建売戸建等の設計業務の経験に基づいた大切なお話です。準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの方々に『 モデルルーム及びモデルハウスのオプション満艦飾は避ける事。 』の重要さを具体的に御説明致します。

毎回、申し上げていますが、私は2000年に体調を崩し「 東急設計コンサルタント 」設計部長を辞し退職致しました。そして、2002年に「 碓井建築オフィス 」を設立し、現在までに十数社の準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの分譲マンションや建売戸建団地等の商品企画のコンサルティングや設計監修を数多く行っています。また、購入者向けに「 購入相談 」「現地同行チェック」や「 内覧会同行チェック 」も行っていますので購入予定者や購入者の生の声を沢山聞いておりこのコラムに反映させております。尚、現在の業務経験や「 東急設計コンサルタント 」在籍中に数多くのマンションの設計・監理の経験やクレームに対峙した経験が現在では私の大きな財産なのです。

これらの業務や経験を踏まえて、準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの商品企画部門のメンバーの方々に申し上げたいのは、今回も販売する商品にかかわる重要な事ですので、商品企画部門のメンバーの方々のみでなく販売担当の方々にも是非御読みいただきたい大切な内容です。

「 モノづくり 」の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目で、この第1項目である『 モデルルーム及びモデルハウスのオプション満艦飾は避ける事。 』は非常に重視して欲しい事です。

理由は、良いモデルルームやモデルハウスを作製致しましても、それらのインテリアコーディネートが悪いと、オリジナルの空間のテイストが台無しになります。

よくあるケースがモデルルームやモデルハウスのオリジナルの空間をオプション満艦飾で「 ゴテゴテ 」に飾っている事です。この「 ゴテゴテ 」のインテリアは大抵、オリジナルの「 シンプル 」な空間を壊しているのです。そして更にその物件のモデルルームやモデルハウスだけの為にリビング・ダイニングや洋室に特注家具を設置し、空間を余計に「 ゴテゴテ 」にしている例もたまに見受けられます。準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーの物件に多く見受けられます。

モデルルームやモデルハウスの真の目的は、来場者( 購入予定者 )に購入意欲をかきたたせる事です。特に来場者の奥様に購入意欲が高まれば、勝ちです。

最近の分譲マンションや分譲戸建のメインターゲットは「 団塊世代ジュニアー 」か「 ポスト団塊世代ジュニアー 」です。この方達は結構自分の親を反面教師としてものをみています。「 団塊世代 」のミドル階級の多くの方のインテリアの好みは「 ゴテゴテ 」感の有る豪華な空間でした。

ところが、「 団塊世代ジュニアー 」や「 ポスト団塊世代ジュニアー 」はその様な空間を「 成金趣味 」と呼び、親を心の中では蔑視していました。

ですので、メインターゲットである「 団塊世代ジュニアー 」や「 ポスト団塊世代ジュニアー 」の女性は特に豪華さよりも 「 シンプル 」で「 エレガンス 」( 上品 )な空間が好みでその様な住空間に憧れをいだいています。

では、モデルルームやモデルハウスをその様な空間にする具体的な方法を御説明致します。

モデルルームやモデルハウスのインテリアは通常「 インテリアコーディネーター 」と呼ばれている専門家に依頼して、オリジナルの空間をより良く見える様にカーテン、家具や絵画等を選んで配置致します。

私の経験では、この「 インテリアコーディネーター 」の質に依ってかなり良し悪しが決定致します。では「 インテリアコーディネーター 」の質をどの様に見分けて、依頼するのかを伝授致します。

まず、「 インテリアコーディネーター 」を2~3人位、呼びまして個別に面接致します。そして、プロフィールを聞きます。それぞれのプロフィールを聞く場合に親の職業や何処で育ったかが重要です。

結論を先に申し上げれば、学歴よりも育った環境が良い「 インテリアコーディネーター 」は子供の頃より良い上品な家具やカーテンに囲まれて成長された方なので、子供時代にその様な感性が醸成されて、「 シンプル 」で「 エレガンス 」の空間創りをしてくれます。

俗に言う御嬢様育ちの方です。この方々の感性はとても優れています。

準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーはこの傾向が高く、どこのモデルルームやモデルハウスに行って見ても同じインテリアなので、来場者( 購入予定者 )から見ますと「 またか…。 」という失望感が漂ってきています。

もう、会社のしがらみで同じ「 インテリアコーディネーター 」と長く付き合う時代は終わったのです。多くの育ちの良い「 インテリアコーディネーター 」と付き合いますと、社員の感性も磨かれます。一度試しては如何でしょうか…?

尚、次回からはフェーズ8の「 モノづくり 」第1項目の『 モデルルーム、モデルハウスのポイント 』の4項目の第2項目である『 モデルルーム住戸がティピカルタイプ住戸でない場合は注意が必要。 』に関してのお話を致します。次回も期待して戴ければ幸いです。


                                                                                                                 
                                                                                                                                        

第45回 周辺環境が良い事が大切。前のページ

第47回 モデルルーム住戸がティピカルタイプ住戸でない場合は注意が必要。次のページ

関連記事

  1. 第83回 「 浴室 」の大きさは1418が標準で手摺とシャワーバーは必要不可欠。

  2. 第40回 「埋蔵文化財包蔵地」はお金と時間がかかるので購入しない方が良い。

  3. 第95回 内覧会直前に送附する「 変更事項書類 」に要注意。

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 新技術・商品

    第7話 「差がない」と「ほとんど差がない」は全くの別物
  2. マネジメント

    第128回 人の強弱を理解する
  3. マネジメント

    日本的組織管理(5) 人材の見抜き方
  4. 健康

    第10号 「大切なことはカラダに聴いてみよう!」
  5. マネジメント

    故事成語に学ぶ(6)良賈は深く蔵して虚しきが若くす(りょうこはふかくぞうしてむな...
keyboard_arrow_up