menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第22回 「決算書一式お願いします。」と銀行が言っても、全部渡してはいけない

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

今回のキーワード
銀行に見せるべき資料は「損益計算書」と「貸借対照表」のみでよい

年度決算終了後、銀行担当から「昨年度の決算書一式をいただけますいでしょうか。」と言ってきます。
が、銀行にとって本当に必要な資料は、「損益計算書」と「貸借対照表」のみです。(損益計算書に付随する「販売費および一般管理費一覧」も含みます。)
なぜなら、皆さんの会社を格付け(スコアリング)するのに必要だからです。
 
逆に言えば、それ以外は見せる必要がないのです。なのに担当が決算書一式を欲しがるのは、自分の成績に影響するからなのです。決算書一式があれば、その会社の課題が見えてきます。ライバル銀行の借入額や金利までわかる場合があります。銀行にとって決算書一式は、今後の提案への情報の宝庫なのです。
決算書一式を持ち帰ることは、銀行員にとっての、お手柄なのです。
 
銀行交渉を有利に導きたいのなら、こちらの情報を安易に提供せず、本当に必要な情報だけを、提示してほしいのです。
 

bspl2_22.jpg

第21回 貸借対照表にある「美術品」は、本当に「美術品」ですか?前のページ

第23回 短期借入金が、やたらと多すぎることはないですか?銀行支店長に仕組まれた、短期借入金のワナ次のページ

関連記事

  1. 第8回 
    新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!
    ~その②ドローン活用で、スピードアップ&低コストを図れ!~

  2. 第9回 融資格付け対策 その3 
    少人数私募債を、活用しなさい!

  3. 第4回 
    銀行引き受けの社債は、やめておきなさい!

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第20回 短期借入金と長期借入金はどう違うのか、ご存知ですか?~設備資金を短期で...
  2. キーワード

    第27回(他業種に目を向ける)「開運一円カレー」
  3. マネジメント

    第144回 先代との向き合い方と、確認しておくべき3つのこと
  4. マネジメント

    第93回 『資格にチャレンジ』
  5. 新技術・商品

    第49話 「スマート」の現在地は、どこに?
keyboard_arrow_up