menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第51回(様々なシチュエーションを組み合わせる「R’s kitchen」)

「社長の繁盛トレンド通信」

◆R's kitchen◆


「様々なシチュエーションを組み合わせる」

 
男女1ペアで1つのメニュー自然とはずむを担当。料理をつくりながらなので会話も自然とはずむ。

料理の作り方は、料理教室の先生が丁寧に教えてくれるので、男性でも気軽に参加できる。

   
 

 

『料理教室合コン アールズキッチン』は、料理教室と合コンをミックスしたユニークなビジネスだ。
ITコンサルタントのイニシャルサイト(横浜市)が都内の何社かの料理教室と提携して運営する。

料理教室合コンは、初対面の男女が一緒に料理を作りながら親睦を深めるというもの。
参加者は男女3名ずつの計6名。料理教室の先生がレクチャーをしつつ、 進行役も務める。
参加する男女はペアになり、一緒に協力して料理を作る。
出来上がったら、全員で食事と会話を楽しむという流れだ。

「一般的な飲み会形式の合コンは話の糸口をつかむのが難しく、盛り上がるまでが大変。
でも、料理のように同じ目的を持って一緒に作業すると、話も自然にできる」と
『アールズキッチン』を立ち上げた阿彦氏は語る。

料理を通してコミュニケーションをすることで、結果的にその人の人柄も見えて来やすく、
同じ味覚を持つ人かどうかという結婚生活を意識した側面も見えるなど、メリットも多い。

現在、『アールズキッチン』には30代の男女を中心にそれぞれ1500名(計3000名)ほどが
会員として在籍する。料理教室合コンは月間300回弱開催しており、毎回ほとんど満席という盛況ぶりだ。

「料理教室ということもあって、特に女性の方に人気が高い。
参加者枠は女性が先に埋まってしまうことが多いですね」

また、同社では料理教室合コン以外にも、
レクリエーション型合コン『アールズアウトドア』というサービスを展開している。
こちらではラフティング、デイキャンプ、ゴルフなどの
レクリエーションを通して男女の親睦を深める場を提供している。

「料理教室合コンの場合は共同作業を通して親睦を深めるのが狙い。
アウトドアの場合は、ハラハラドキドキを通して仲良くなることを狙っています」

料理教室、アウトドアのみならず、
様々なシチュエーションを組み合わせれば多様な合コンビジネスが展開できそうだ。
(カデナクリエイト/須貝俊)



◆社長の繁盛トレンドデータ◆

『料理教室合コンR's kitchen』

都内8ヶ所の会場で開催中

詳細はhttp://www.kontame.com/cook/cook.html

第50回(今あるサービスに楽しさを加える「オート湯」)前のページ

第52回(相性の良いサービスを組み合わせる「ミューズ治療院」)次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連記事

  1. 第17回(きめ細かいサービスを実現する)「成子坂 田一」

  2. 第87回 「アッキーインターナショナル」あえて「本物」に固執しない

  3. 第64回(「無料&放置の“オープン戦略”で活気を呼び込む はんだづけカフェ」)

最新の経営コラム

  1. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

  2. 第74回『プロジェクトエコノミー』~生産性向上の意味合いが変わった、生き残るには早く正確は古い~

  3. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題
  2. 社長業

    Vol.11 「社長」の言葉が全社員に伝わる条件
  3. 戦略・戦術

    第33回「資本主義の現在、未来を学べる中東!? Part2」
  4. コミュニケーション

    第174回 達人に学ぶ⑥ コシノジュンコさん
  5. 人事・労務

    第24話 給料の中身とノーワークノーペイの原則
keyboard_arrow_up