menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第129回 ドック・ポップコーン(Doc Popcorn)

高島健一の「社長のメシの種」

129-1.jpg
 5/30(土)、原宿に「ドック・ポップコーン」というポップコーン店が新たにオープンしたので早速行ってきたが、オバマ大統領夫妻に扮したお笑い芸人からサービスが受けられるというオープニング・イベントなどもあったためか、12時半から4時間の行列待ちとなった。
 
 この日の東京は気温30度だったので、表参道沿いのケヤキ並木の日陰でも暑かったが、お店の人がミネラルウォーターや試食用ポップコーンなどを、行列中に何度か持ってきてくれるなどの配慮もあった。
 
129-2.jpg
 ドック・ポップコーンは、ロハス運動などが盛んな米コロラド州デンバーが発祥で、トランス脂肪酸ゼロのコーンオイルを使用し、人工着色料や甘味料、グルタミン酸も使用していない自然派というのが特徴だ。
 そのためか、初日来店者に1袋ずつ無料で配られた「ベターバター」(レギュラー500円)というバターの掛かったポップコーンも含め全体的にあっさりした味という印象だ。
 
129-3.jpg
 2003年に、創業者のロブ・エレーネ夫妻が自宅キッチンでポップコーンを作ることから始め、アジア初出店の原宿店を加えて89店舗(アメリカ国内中心)と全米No.1のポップコーンチェーンとなったが、「美味しくて、身体に優しい」ポップコーンを研究し尽くしたという自負から、「Doctor(ドクター)」の省略形を使った「Doc Popcorn」と命名している。
 来日して店頭に立っていた夫妻とも少し話したが、日本での反響に驚き、長い行列に恐縮していた。
 
■原宿にポップコーン店が集積
 原宿は行列ができる街で、パンケーキ店、チョコレート店、北欧雑貨店などの行列があちこちにできているが、今回のドック・ポップコーンのオープンにより「原宿ポップコーン戦争」にも拍車がかかってきた。
 
129-4.jpg
 2013年の2月に、JR原宿駅近くの表参道沿いにオープンして長蛇の列ができた米シカゴの「ギャレット・ポップコーン(Garrett Popcorn)」、同じ表参道を青山通方面に進んだ表参道ヒルズ内に2013年9月にオープンした、米シアトル生まれの「ククルザ・ポップコーン(KuKuRuZa Popcorn)」には今でも行列ができており、「ドック・ポップコーン」は、その中間の明治通り近くに出店したので、徒歩10分圏内に3店の米国系ポップコーン専門店が共演することになるため、3店の相乗効果でさらに行列が長くなる可能性もある。
 
129-5.jpg
 行列中に周囲の人達とそれぞれのポップコーン店の味についても話したが、定番のキャラメルクリスプとチーズコーンをミックスした「シカゴ ミックス」(クォート缶:1,200円)が有名なギャレット、36種類の豊富なフレーバーからその時期の10種類ほどが販売される濃厚なククルザなど、それぞれに特徴があり、味の好みで評価も違っていた。
 
 原宿に出店した3店が話題になって、年間55億円といわれる日本のポップコーンの市場規模が拡大するかも知れない。

 

◎高島健一先生のセミナー
「シリコンバレー視察」 2014年6月19日~26日

 

 
======== DATA =========

●ドック・ポップコーン(Doc Popcorn)原宿店
http://www.docpopcorn.jp
所在地:東京都渋谷区神宮前4-31-6吉野ビル1F
tel:03‐6438‐9041
営業時間:10:00 ~ 21:00

●ギャレット ポップコーン ショップス(Garrett Popcorn)原宿店
http://jp.garrettpopcorn.com/
所在地:東京都渋谷区神宮前1-13-18
営業時間:10:00~21:00
 
●ククルザ・ポップコーン(KuKuRuZa Popcorn)表参道ヒルズ店
http://www.kukuruza.jp/
所在地::東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 同潤館1F
営業時間:11:00~21:00

第128回 池上本門寺・ガーデンレストラン松濤園 櫻前のページ

第130回 虎の門ヒルズ次のページ

関連セミナー・商品

  1. 高島健一の“社長のメシの種”探検隊 連合で儲ける企業視察 in 東京

    セミナー

    高島健一の“社長のメシの種”探検隊 連合で儲ける企業視察 in 東京

  2. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  3. 《デジタル革命・AI最新技術》

    音声・映像

    《デジタル革命・AI最新技術》

関連記事

  1. 第63号 東京おかしランド

  2. 第131回 シリコンバレー視察レポート

  3. 第94回 スマート信号機

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第190回 質問「太陽さんの悩みを教えてください」
  2. 人事・労務

    第92話 仕事の成果の審査には「適正な時間内で」という前提が必要です
  3. ブランド

    イメージ戦略の一般論と罠 その4「表情の罠」
  4. マネジメント

    交渉力を備えよ(32) 先読みと使命
  5. 教養

    2017年12月
keyboard_arrow_up