menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

2012年1月号

必読!社長が読むべき今月の4冊

2012011_120.jpg★お見合いイベント業界のトップが明かす成長秘話
百万回 断られる力

佐伯 猛(エクシオジャパン社長)著
出版文化社刊
1,429円(税別)
 

■成長要因の一番は、断られることを恐れない行動力
■買う自分でコントロールできることに時間とエネルギーを注ごう
■記録をつければモチベーションが上がる
■営業で重要なことはお客様から情報を引き出す「質問する技術」
 弱点を克服するより、自分の強みで補う
■見るまえに跳べ
 作業ではなく仕事をしよう
 一流の書物を読み、一流の思想に触れる

btn_amazon.gif

 

 


 

2012012_120.jpgお客様をリピーターに育てるためのやり方
大型店からお客を取り戻す“3つのしかけ”

山田文美(地域商店再生コンサルタント)著
同文舘出版刊
1,400円(税別)
 

■過疎地では新規客を当てにできない
■リピーターに育てていく“3つのしかけ”
■「お客様とのゆるいつながり」、「名簿」、「伝道」
■手作りのチラシで旗を立てる
■ニュースレターであなたの「人となり」と専門を知ってもらう
■欲しい商品が決まる前段階で相談される人になる
■ニュースレターにセールスレターを同封する
■ニュースレターは、商材の買い換え平均年数は出し続ける

btn_amazon.gif

 

 


 

2012013_120.jpg「1%のひらめき」を形にする3つの力
アイデアの99%

スコット・ベルスキ(ベハンス創業者)著
英治出版刊
1,600円(税別)
 

■すばらしいアイデアが必ずしも実現されるとは限らない
■アイデア実現力=(アイデア)+整理力+仲間力+統率力
■アクション・メソッドでプロジェクトを運用する
■あらゆるプロジェクトは3つの要素に落とし込める
 アクション・ステップ、レファレンス、バックバーナー
■アイデアは公開することで、勢いが生まれ、実現の可能性を大きく高める
 リーダーとしてプロジェクトを管理してはじめてアイデアが実現できる
■あなたのアイデアを実現させよう。それが世界に恩恵をもたらすのだ 

btn_amazon.gif

 

 


 

2012014_120.jpg欧米・中東・アジアの企業を見てきた人事のプロが教える
「世界標準」の仕事術

キャメル・ヤマモト
(デロイト トーマツ コンサルティング ディレクタービジネス・ブレークスルー大学教授)著
日本実業出版社刊
1,500円(税別)
 

■グローバル化の流れは今後も強まる
■英語力より重要なのは、英語を話すこととセットになった思考力と行動力
 グローバル人材は、どんな立場でも、必ずリーダーシップを発揮する
 リーダーシップを発揮する上で、最大の課題は「構想力」
 あなたの構想を、あなたの人脈20人にぶつけて意見を聞こう
■世界中どこに行っても通用する専門知識を持とう
 自分の価値を説明できるよう、自分がどういう人間なのかを定義しておこう
 定義するための「やりたい軸」「やれる軸」「やるべき軸」

btn_amazon.gif

 

 


 

2012年2月号次のページ

関連記事

  1. 2017年1月号

  2. 2014年10月号

  3. 2016年10月号

最新の経営コラム

  1. 第21回「球の重さ」

  2. 第135回 専用製品で子供のヘッドホン難聴を予防!

  3. 第130回『最後に勝つ負け方を知っておけ。』(著:アントニオ猪木)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第72回「ネット化による価値観の変化を巧みに捉えて高成長するリアルビジネスを構築...
  2. 社長業

    第7回 限界に挑む、限界を知る、限界を広げる
  3. 新技術・商品

    第23話 「お客が希望する商品を」ではなくて!
  4. マネジメント

    第三十四話 本物を追求しろ(百福インターナショナル)
  5. 経済・株式・資産

    第48回「資産運用に重要な情報分析の視点」
keyboard_arrow_up