menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

2012年2月号

必読!社長が読むべき今月の4冊

2012021_120.jpg★自社の商品・サービスを第一級のブランドに高める戦略視点を提示!
中小企業が強いブランド力を持つ経営

酒井光雄(コンサルタント)著
日本経営合理化協会 
15,000円(税別)
 

■「高付加価値の商品」をつくるのに最先端技術は必要ない
 欧州には昔ながらの製法で、高収益をあげている中小企業が多数存在する
■商品を「つくる」領域と「売る」領域のどちらの領域にも手を打つこと
■商品だけではなくパッケージにも気をつかうこと
 生活者が共感・共鳴する要素を加味した企業活動や商品づくりを行うこと
■商品を売るだけでなく、商品を経験する場の機能を店頭に付与する
■意図してコトをつくりだし、需要を喚起し、購入頻度と購入機会を増やす
 簡単に諦めず、効果が出るまでしつこく高付加価値化に取り組もう

btn_amazon.gif

 

 


 

2012022_120.jpg★あなたの商品の「価値」をわかりやすく伝えよう!
安売りするな!「価値」を売れ!

藤村正宏(マーケティング・コンサルタント)著
実業之日本社刊 
1,400円(税別)
 

■「モノを売る」ことより大事なのは「体験を売る」という視点
■価値がお客さまに伝わっていなければ、売れるわけがない
■価値を伝えるためには、まずターゲットを明確にすること
■「顧客満足を向上させればリピーターが増える」という考えは大きな幻想
■リピート客を増やすためには、ゆるやかな関係性を築くこと
■自分の好きや楽しい、得意をさらけ出して、個性を出そう
■売れる商品はない。売れる売り方があるだけだ
■価値が伝わっているか、自分の商品や会社等を全部チェックしてみよう 

btn_amazon.gif

 

 


 

2012023_120.jpg★信頼を築けば、お客様に選ばれる!
お客様から選ばれるウェブ文章術

平野友朗(アイ・コミュニケーション社長)著
日本実業出版社刊 
1,600円(税別)
 

■誰に向けて、何のために、何を書くか?
■あなたの商品・サービスのお客様が触れているメディアは何か?
■お客様は課題を解決するためにウェブサイトを訪れる
■検索窓に入力したキーワードは、その人のニーズだ
■課題解決のための情報を用意し、探しやすく理解しやすいように見せること
■お客様、競合、自社の理解は基本だが、定期的な見直しが必要だ
■読み手が必要としている情報を、読み手にわかる言葉で書くこと
■お問い合わせフォームの自動返信メールや個別メールの質を上げよう

btn_amazon.gif

 

 


 

2012024_120.jpg★ビジネスの思考プロセスを劇的に変える!
インバスケット・トレーニング

鳥原隆志(インバスケット・コンサルタント)著
同文舘出版刊 
1,400円(税別)
 

■インバスケットでは、よい結果はよいプロセスから生まれてくると考える
■複数の対策を立案し、その中から比較して決定する
■判断には、イエス、ノー以外にも、保留や延期、委任といった判断もある
■判断だけではなく、判断の根拠となる事項にも焦点を当てる
■すべての案件に優先順位をつける必要はない
■インバスケット・トレーニングは、インプットすることを目的にしていない
■知識や経験、能力をいかにアウトプットするのか、というトレーニングだ
■トレーニングを効果的に進めるために大事なことは明確な目標を持つこと

btn_amazon.gif


 

 

2012年1月号前のページ

2012年3月号次のページ

関連記事

  1. 2017年1月号

  2. 2015年2月号

  3. 2017年2月号

最新の経営コラム

  1. ローカル食品スーパー「クックマート」業績好調の裏にある「やらない戦略」とは?

  2. 第153回 動画時代なら簡単に解決!ルービックキューブ

  3. 第127回「市場の複雑化で存在感増す電子書籍卸のメディアドゥ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第15回 延長された特別償却制度を活用していますか?~「どちらでも同じ」という税...
  2. キーワード

    第14回(アイデアを練る前に全否定する)「ランキン・ランキン」
  3. 新技術・商品

    第32話 線路がつながる3月
  4. 健康

    第54回 二股らぢうむ温泉(北海道) 温泉がつくる芸術「湯の花」の魅力
  5. 製造業

    第170 号 高等技術・技能をどう伝えるか~その4
keyboard_arrow_up