menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第1回 京セラ実学への思い

新・会計経営と実学

 私と小長谷とで京セラ稲盛名誉会長から、「京セラに学ぶ 新会計経営のすべて」という本を出版させていただいたのが、平成12年でした。  それから実際に、アメーバ経営を一年間体験させていただき、平成17年に京セラ株式会社の監査役に就任させていただきました。  そして現在は、今までの経験をベースに、小さな会社が、将来京セラのような会社になっていただくための、ささやかなお手伝いをしております。  京セラの実学とは、高度な学問や知識で出来上がったものではなく、実務の中で壁にぶつかった時、現場の人が集まって「こうやった方がいいんじゃないか」「いや、そうじゃなくてこうするんだ」などという素朴な知恵から生まれてきたものなのです。  実際に、中小企業ではどんなにきれいごとを言っても、お金がなければ倒産してしまいます。どんなに立派な経営計画を立てても、実績が予定に到達しなければ話になりません。  しかし、現在の会計は、実学に基づいたものにはなっておりません。そのため、実際はお金がなくても、儲かっているという会計数字が出てくるのです。その結果、ほとんどの社長が「会計は難しくてわからない」と諦めてしまうのです。  実学に基づいて、キャッシュフロー経営会議や、部門採算制での社員が燃える経営会議をやっておりますと、毎月現場の社員の方々から、利益を生み出す素晴らしい提案と感動をいただきます。  次回から、実学に基づく現場からの感動を、皆様方にお伝えしたいと考えております。
田村繁和

第2回 どうすれば強い会社になれるのか次のページ

関連記事

  1. 第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり

  2. 第30回 第4回経営会議の進め方

  3. 第21回 全社員が利益に向って走り出す経営会議

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第118回 広尾
  2. 戦略・戦術

    第237号 機会損失を減らす「注文受付時間」とは
  3. マネジメント

    第152回 『時間とは、作るもの』
  4. 経済・株式・資産

    第71話 「通商白書」が明かす中国巨大市場の真実
  5. 社長業

    Vol.65 社長は「雲隠れ」する習慣を
keyboard_arrow_up