menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第2回 どうすれば強い会社になれるのか

新・会計経営と実学


“どうすれば強い会社をつくることができるのですか?”という質問を何度も受けます。昔の私たちですと、本に書いてあることや、専門家の話をまとめてきて説明していました。

 しかし、京セラの実学と出会い、実際に京セラの監査役として働かさせていただいてからは、回答の仕方が変わりました。”何事も京セラではどうだったのか。そして、小さな中小企業に当てはめれば、どうすべきなのか”という風に考えるようになってきました。

 京セラの成長の要因としては、右手にフィロソフィがあり、左手にアメーバ経営があると言われています。財務の分野に限りますと、大切なことは、アメーバ経営をどのように中小企業に組み入れていくのかではなかろうかと思います。

 ただ、京セラ実学を勉強され、京セラと同じようなアメーバ経営をして失敗している経営者も、たくさんおられるように聞いております。それは、京セラと業種や規模、社内風土や社長の考え方が違うからなのです。

 要するに、京セラと同じことをしても、中小企業で成功するとは限りません。京セラでやっていることを、業種や規模や社長の経営の考え方に合わせて、独自に作り上げていくことが大切なのではないでしょうか。

 そのためには、まず、実学でいう本当のキャッシュフロー経営を確立させること。次に、小さな採算単位のアメーバ組織をつくり上げること。最後に、これをベースとして社員が燃える経営会議を実戦していくことだと私たちは考えております。
田村繁和

第1回 京セラ実学への思い前のページ

第3回 社員が脱サラすれば、自然と経営者意識がわいてくる次のページ

関連記事

  1. 第32回 第5回経営会議の進め方

  2. 第15回 社員が意見を出し合い納得した採算表をつくる

  3. 第22回 幸せになりたいと思うなら、数字に強い経営幹部になれ

最新の経営コラム

  1. 第四十九話 ランチェスター法則で欲しい人材を確保する方法 その1 スタッフづくりはお客様づくり

  2. 第156話 中国の景気悪化と政策的な「合成の誤謬」

  3. 第231回「社長の心が病む時」とその対処法

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第74.5回(番外編)中小企業で働くことの良さとは何か?
  2. 製造業

    第167 号 高等技術・技能をどう伝えるか~特製!工場改善おみやげシート
  3. 社員教育・営業

    第20回 「留守番電話の注意点」
  4. 戦略・戦術

    第222号 7.3%
  5. 戦略・戦術

    第169号 6億人
keyboard_arrow_up