menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

眼と耳で楽しむ読書術

先月開催された第147回「全国経営者セミナー」において、個人的に特に話を聞いてみたかった講師が二人います。

一人は、先月紹介した是枝裕和監督。
もう一人は、佐藤優氏です。

佐藤優氏は元外務省主任分析官で、作家として多数の著作を持つことで有名。
ぼくは佐藤氏の著作を愛読しているので、非常に楽しみにしていました。

セミナーでは、ロシア・ウクライナ戦争はもちろん、イスラエル・パレスチナ紛争、グローバルサウスや岸田政権についても言及。質疑応答も盛り上がり、あっという間の80分でした。

そこで今回は佐藤氏の本を紹介しようと決めたのですが、お気に入りが多く、選択が非常に悩ましい。

『国家の罠』、『自壊する帝国』、『紳士協定』、『亡命者の古書店』…
どれも夢中になって読破した本です。

ビジネスマンには、『調べる技術、書く技術』、『読書の技法』、『地政学入門』は必読。

若者向けの『仕事に悩む君へ はたらく哲学』は、むしろ経営者に読んでほしいくらいで、佐藤氏のオススメ本だけで、軽々1年分になってしまうほど。

そんな中、経営者、リーダー向けに、あえて一冊選ぶならば、『十五の夏』(著:佐藤優)

です。

選択した理由は2つ。

1つは、佐藤氏のファンという経営者でも、本書を読んだことがない人が多いこと。
もう1つは、現代の”知の巨人”たる佐藤氏の原点が、本書にあるからです。

今から約50年前の1975年夏。
高校1年生だった佐藤氏は、ソ連・東欧を40日に渡って1人旅。
つまり当時の社会主義国を旅した時の実録であります。

現代であっても、高校一年生が1か月以上もの間、ロシアや東欧を一人旅することはかなり珍しいはず。
まして当時においては、どれだけ異例のことだったか。

「日本と異なるから」という理由で社会主義国に強い関心を抱き、実際に自分の目で見るために行動を起こす高校生が、果たして何人いるでしょうか。それくらいのレベルですよね。

高校生の段階で、既に佐藤氏は常人とは異なる思考の持ち主だったと言えますが、その秘めたる能力が、この一人旅でどんどん磨かれ、開花していく。

スイス、西ドイツ、チェコスロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア、ソ連…
約50年前と今と何が異なり、何が変わらないのか?
国際政治や社会を見る上でも貴重な学びと刺激になります。

行先が行先だけに、旅行記としても、この上なく面白い。

そして、人を育てるために、そして自分を育てるために何が必要かを考えさせられます。
“知の巨人”佐藤優は、いかにして育ったのか?

この機会に、経営者、リーダーに、ぜひとも読んでいただきたい一冊です。


尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は、
『スメタナ:管弦楽作品全集』(CD三枚組)です。

チェコが生んだ偉大な作曲家で音楽家スメタナ。
今年は生誕200年にあたり、各国で多くの記念行事が予定されています。

チェコは本書で佐藤氏が旅した国の1つであり、旅情がふくらみます。
本書と合わせてお楽しみいただければ幸いです。

では、また次回。

第144回『公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?』(著:是枝裕和、樋口景一)前のページ

第146回『仕事と人生にドラマを生み出す感動知性』(著:平野秀典)次のページ

関連記事

  1. 第114回「世界初のビジネス書」(著:ベネデット・コトルリ、編:アレッサンドロ・ヴァグナー)

  2. 第109回「エマニュエル・トッドの思考地図」(著:エマニュエル・トッド)

  3. 第21回 『最強の武道とは何か』(著:ニコラス・ペタス)

最新の経営コラム

  1. #1 一流の〈ビジネス会食力〉-前始末で勝負あり-

  2. 第48回 「未来への投資」は数字の外にある

  3. 第212回 税務調査にひるむな!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第131回 社長を叱ってくれる人がいないことは「悲劇」である
  2. キーワード

    第69回 CES2021
  3. 人間学・古典

    第119講 「論語その19」 父在らばその志を観て、父没すればその行いを観る。...
  4. 健康

    第17号 月のリズムとインフルエンザ
  5. 人間学・古典

    第51講 「帝王学その1」 民、路に落ちたるを拾わず、外戸を閉じず。
keyboard_arrow_up