menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第75回『名刀に挑む』(著:松田次泰)

眼と耳で楽しむ読書術

4月は新年度の始まりで、
企業人にとっては、一番新鮮で気合の入る時期。
 
目標に向かって挑戦する意欲が高まる、と同時に
一流の刺激を受けられる、とっておきの一冊をご用意しました。
 
それは
 
『名刀に挑む』(著:松田次泰)

75-1.jpg
 
です。
 
 
著者の松田氏は、日本を代表する刀鍛冶。
平成29年現在、国宝1,100点のうち日本刀は110本。
実に国宝の1割を日本刀が占めていることをご存知でしょうか?
 
そして、そんな価値の高い日本刀の世界における最高峰が、鎌倉期の刀です。
ところが、極めて残念なことに、その製法は失われてしまいました。
特に江戸期以降、数え切れぬほどの刀鍛冶が鎌倉刀の再現に挑むも、
誰一人として果たせないまま。
 
しかし、もはや不可能と言われていた鎌倉刀を、長きに渡る挑戦の末、
見事再現してみせたのが、この松田氏なのです。
 
数百年の間、いかなる名人をもっても成し遂げられなかったこの偉業が、
一体なぜ成し遂げられたのか? 
 
松田氏の取り組み方、考え方は、経営者やリーダーにとって、
今ぜひとも知っておきたい、学び取りたいところです。
何より、人間国宝級の名工の言葉に、直に触れることができることが、
大きな実りといえます。
 
当然ながら、名言も数え切れず。
たとえば、
 
・名工の条件は多作であること
・異端は認められた瞬間に先端になる
・自分の力量、才能で勝負しなければいけない仕事はある日突然変わる。
 悩み抜いて、試行錯誤を繰り返して、それでもやり抜いていくうちに、
 ある日突然「ポン」と変わる。
 そういうことを、若い頃に1回でも、2回でも経験しておかないと、
 歳をとってから辛抱できない。その瞬間が来ることがわからない人は、
 途中であきらめていく。
・仕事が突然変わる瞬間を経験するためには、普段の地道な仕事しかない。
 休んだらダメ。たえず頭を動かして、手を動かしていくしかない。
 失敗ばかり続いても、それでも、やり続けるしかない。
・「世界で一番のよいものを作るのに、どうやって突き抜けるか」という発想が
 できなければ、所詮、勝ち抜くことなどできない
・名刀であるためには、品格が必要
 
など、全て経営に置き換えて考えられることばかりです。
 
また、なぜ日本刀がこれほど多く、国宝に指定されているのかについて、
「刀が単なる武器ではなく、美術品であり、高い精神性を帯びたものだから」
と氏は語っています。
日本文化をさらに知る上でも、非常に貴重な一冊といえます。
 
高みに向かい続ける、上り続ける経営者、リーダーに
今ぜひ読んでほしい一冊です!
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『グリーグ:「ペール・ギュント」組曲第1番&第2番』
ネーメ・ヤルヴィ(指揮)エーテボリ交響楽団 (演奏)

75-2.jpg
 
です。
「ペール・ギュント」には多くの録音がありますが、
ヤルヴィ指揮エーテボリ響によるこの1枚が最高の名盤との高い評価を受けています。
合わせてお楽しみください。
 
では、また次回。
 
 

第74回『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(著:アンソニー・マクカーテン、翻訳:染田屋茂、井上大剛)前のページ

第76回『育てる力』(著:栗山英樹)次のページ

関連記事

  1. 第47回 『30日間、食べることやめてみました』 (著:榎木孝明)

  2. 第114回「世界初のビジネス書」(著:ベネデット・コトルリ、編:アレッサンドロ・ヴァグナー)

  3. 第113回「心と体がラクになる読書セラピー」(著:寺田真理子)

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第19回 テレビCMの利用価値を再認識させる効果「トリドール」
  2. マネジメント

    第69回 質問「社長のタイムマネジメント術を教えてください」
  3. 社員教育・営業

    第6話 成長課題 管理職の部下育成術(6)
  4. 経済・株式・資産

    第34話 「秘密選挙」の結果から見た中国の党大会人事
  5. 戦略・戦術

    第5話  「30年に一回の節税策それは社長退職金」
keyboard_arrow_up