menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第27回 「今後もバブルは発生し崩壊する。求められる危機に負けない資産管理」

会社と社長のための資産管理講座

世界大恐慌以来80年ぶりのリーマンショックと世界同時不況から、市場が平静を取り戻したように思えた途端、
ギリシャに始まる南欧・東欧諸国の財政問題が世界を揺るがせています。


市場の大崩壊は100年に一度の出来事でも、中規模や小規模のバブルの発生と崩壊、
市場の混乱は、歴史的に5~6年周期で起きています。
「今回だけは別だ。今回は異常だったのだ。」という解説は、歴史的に見る限り的確ではありません。

振り返ると、今回の世界同時不況は米国のサブプライムローン問題を発端として、
2007年12月に米国景気がピークアウトし、その後リーマン破綻に至りました。
しかし、その前のバブルは2000~2001年にかけて起きたITバブルです。
インフォメーションテクノロジー(IT)やインターネット関連株が暴騰し暴落しました。
その前は、1997年のアジア通貨危機で、
投機筋に狙われた韓国など外貨準備が底を尽いた国々がIMFの救済を受けました。
また、1990年以降は日本のバブル崩壊で、その後20年間の低迷期の始まりでした。
さらに、1987年はブラックマンデー、世界同時株安が起きています。

過去20年ほどを見ても、中規模以上の市場の混乱だけで上記の通りです。
小規模な市場の混乱、バブルの発生と崩壊は、「年中行事」といっても過言ではないほどです。
個人投資家や生活者にとって大事なことは、「今後もバブルは発生し崩壊する」
という認識にしっかり立って、これに負けない資産管理・生活設計が必要なことです。


安全資産と呼ばれる円建ての預貯金や日本国債でリスクを避けたつもりでも、
もっと大きな別のリスクを負っていることもあるのです。

今後、本稿で具体策を検討して参りましょう。

第26回  「今回の景気循環は何字型か?」前のページ

第28回 「本当にリスクをご存知ですか?」次のページ

関連記事

  1. 第30回 「上手にお金を使うために自分年金を作る」

  2. 第88回「企業の将来性はESG?」

  3. 第44回「オイルショック再来か?イラン核開発問題の進展にご注意を!!」

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マーケティング

    第8話 「すぐ使えて、効果のある『号外チラシ』」
  2. キーワード

    第54回 “おもしろポスター・看板”が少店街を「笑店街...
  3. 戦略・戦術

    第1回 M&Aの成功は、案件の交渉前に決まる
  4. マネジメント

    逆転の発想(7) 不器用は強い(野村克也、小川三夫)
  5. キーワード

    第41回 リーバイス・トラッカージャケット with Jacquard by G...
keyboard_arrow_up