menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第171号 11兆8千億円

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 この数字は、2015 年度までの国内消費者向け電子取引(EC) の市場規模予測である ( 野村総研発表)。
 
 スマートフォンや携帯電話に対応する通販サイトが増加していることから、モバイル単体の通販市場規模が、2.5 兆円に達する見込みで、今後もモバイルが市場全体を牽引していく様相だ。
 
 ただ、ネット通販市場は、これまで二桁成長を維持してきただけに成熟も早く、成長スピードは鈍化すると見られている。
 
 だが私は、この数値を上回る14 兆円程度までEC 市場は拡大すると考えている。その理由は、EC市場が他産業に比べ急拡大しているとはいえ、消費全体に占める割合は2.5%弱にすぎないからだ。
 
 米国の5~6%台と比べても、日本の水準はまだ低く、拡大の余地は大きいと見るべきである。また、小売業各社もネット通販事業を積極的に展開しており、こちらの市場規模が急速に成長していることも、その理由の一つだ。
 
 スーパーやコンビニなどの総合小売や、ヤマダ電機などの家電量販店、アパレル専門店、千趣会をはじめとするカタログ通販大手、そしてテレビ通販会社などを含む、主要40 社の2013年度のネット通販売上高合計は、1 兆円を超える見通しとなっている。
 
 たとえばネット販売額が最も多いセブン&アイの13 年度の売上高は、2 倍の1,500 億円の見込みで、ビッグカメラは70%増の600 億円、ヨドバシカメラは50% 増の500 億円、良品計画は40% 増の118 億円、そして高島屋は2 倍の100 億円と、軒並み急増している。
 
 このように大手小売企業は、従来の小売からインターネット販売へと急速にシフトしており、物流拠点の開設・増強や、有力通販サイトの買収、ネットを主体としたビジネスモデルの再構築など、各社とも目を見張る資本投下を行っている。
 
 昨年から、スマホやタブレットなどのモバイル機器がかなり普及しており、それに伴って、インターネットの通信速度や利用環境も進化している。
 
 野村総研によると、ECにおけるパソコン利用は頭打ちで、今後の市場拡大は、モバイル経由がメインになるという。我々も、スマホ・タブレット時代に備え、今までに以上にネット技術や人材育成に取り組まなくてはならない。

第170号 「モノ」から「コト」消費時代へ前のページ

第172号 創業者ならではの大改革とは次のページ

関連記事

  1. 第162号 通販利用が高まる、出産の内祝い

  2. 第141号 「ラジオ通販」売上が拡大している訳

  3. 第223号 通販ビジネスと「エシカル消費」

最新の経営コラム

  1. 第11講 ネットに自分の会社のクレームを書き込まれることは、クレーム対応の通過儀礼

  2. Track6 聞き手のある講演録から学ぶ

  3. 第38回「茶道の入り口」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第110回 手軽に3D設計!イメージを形にして分かり易く伝える!
  2. 後継者

    第87回 ワンランクアップを目指すには苦手なことに挑戦を!
  3. 経済・株式・資産

    第39回「資産運用を取巻く環境変化、金融市場の混乱とその対処法」
  4. 社員教育・営業

    第79回「上手な話し方」話すことを楽しむ
  5. 戦略・戦術

    第163号 17兆400億円
keyboard_arrow_up