menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第56話 成長課題 管理職の部下育成術(56)

“出来る”管理職の条件

あなたの会社の管理職は「部下・後輩の自責思考を養う」ことが出来ていますか?
 
業績・成果を上げ続ける“強い会社”を創るためには社員一人ひとりを『自ら考え行動し“より良い結果を出す”ことが出来る人』すなわち『自創の人(部門経営者)』に成長させ続ける必要があります。
 
また『自創の人(部門経営者)』の定義として「自らが、計画を立て、チェックし、改善し、その目標の達成に責任を持つ」ことが出来る人でもあります。
 
社員一人ひとりが社長の想いを実現すべく高い目標に挑戦していく過程において計画通りに行動したとしても思い通りの結果が出ないときがあります。
 
そこで、とても大切なことは『他責思考を持つのを止めること!』すなわち、人のせいやまわりのせいにしないことです。
 
例えばお客様が注文のキャンセルが入ったとしましょう。
 
→お客様がキャンセルしたから売り上げが上がらなかった。
(お客様のせい = 他責思考)
 
確かにそう考えがちです。
 
が、お客様がキャンセルする前に再度こちらから連絡を入れ注文した商品のメリットとベネフィットを説明しておけばキャンセルは回避できたかもしれません。
 
出てしまった結果を変えることはできませんがこれから出していく結果はいくらでも変えられます。
 
そのために部下・後輩の「自責思考を養う」ことが重要なのです。
 
具体的には「自らの改める行動を明らかにする」ことです。
 
上記の例でいえば
 
これからは、ご注文を頂いたお客様には当日の夜にご注文確認の連絡を入れ再度、その商品を手に入れることによるメリットとベネフィットを説明しワクワク感を抱いていただくという結果を出す。
 
といった具合です。
 
人を育成する責任のある管理職は部下・後輩に自責思考を養うことができるように成る必要があります。
 
「出した結果を糧にして、今後の改めるべき行動は何かな?」と、部下・後輩に自責思考で行動改善を促す質問を投げかけることが重要です。
 
社員一人ひとりがよりワクワク働きよりイキイキと過ごすことが出来る人財育成の仕組みである自創経営ではチャレンジシートとランクUPノートを活用して年間目標を必達するために、日々行動改善を促すべく部下・後輩の自責思考を養う成長対話が行われ日々、行動が少しずつ変わり、より良い結果を出す人財を育成することが出来る仕組みなのです。
 
社長の想いを実現すべく、社員一人ひとりを自責思考で“より良い結果を出す”ための昨日までとは少し違う改善行動をとることが出来るように育成する成長対話が管理職に出来るように成っていただく『管理職養成講座』は毎回盛況で、この2月から第16期春季コースが開講致します。
 
また、社員一人ひとりが自責思考で自らの目標達成のために日々の反省として自らの行動改善を目に見える形にすることが出来る『夢実現ランクアップキット』も大好評で増刷状態です。
 
人生も仕事も愉しく出来る人に成長しようと自責思考で謙虚に行動改善し“より良い結果を出す”部下・後輩の育成が出来る管理職の育成にこれからも全力を尽くしてまいります。

 

第55話 成長課題 管理職の部下育成術(55)前のページ

第57話 成長課題 管理職の部下育成術(57)次のページ

関連記事

  1. 第41話 成長課題 管理職の部下育成術(41)

  2. 第25話 成長課題 管理職の部下育成術(25)

  3. 第27話 成長課題 管理職の部下育成術(27)

最新の経営コラム

  1. 第120回 新NISAって何?

  2. 第111回 尾張温泉(愛知県) 毎日入りたくなる市街地の名湯

  3. 時代の転換期を先取りする(8) 武士の時代を開く(源頼朝)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法
  2. 人間学・古典

    第94講 「帝王学その44」 書は、誦をなさざるべからず。
  3. 製造業

    第197 号 工程間の流れを改善しよう
  4. マネジメント

    第37回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:アルバートソン~
  5. 社長業

    第39回 これからの価値観の変化5つの視点
keyboard_arrow_up