menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十二話 「準備と成功」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

“害は備わざるに生じ、穢(え)は除かざるに生ず”
(損害は備えのないために生じ、土地の荒廃は除草しないために生ずる
    =良くないことの起きるのは未然に防ごうとする努力を怠るからだ)

 これは淮南子(えなんじ)にある言葉だが、中庸には、
“事は予めすれば、すなわち立ち、予めせざれば、廃す”
(ものごとは事前に準備すれば成功する、しなければ失敗する)とある。
いずれも準備の必要を説いているものである。 

とかく、物事が順調である時は、逆境のあることを忘れ、逆境の備えを忘れるものである。
私は好況とは不況に備えるために天が与えてくれた準備期間と思っているくらいである。

ある会社の再建に当たったとき、目的達成後は、高収益優良企業といわれるようになったときから、
ハイヤー通勤から電車通勤に変え、社内でも倹約を徹底したため、変わり者扱いされたが、
勝って兜の緒を締めることは常識と考えていたからである。

“むしろ有りと信ずべし、無しと信ずべからず”何事につけ、それはなかろうと信ずるよりあると信ぜよ。
そんなことはあるはずがないと考え、気を緩めてはならない。

何ごとにも準備優先としたため銀行時代、井原のヤカン頭は心配症が原因だろうと言われたが、
当たらずとも遠からず、なにしろ自分の戒名をお寺さんに定めてもらい
墓石に刻み込んでいるほどであるから。

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十一話 「トップ不可欠の任務」前のページ

第十三話 「声無きに聴き、形無きに視る」次のページ

関連記事

  1. 第二十三話 「鶏口牛後」

  2. 第三十七話 「人に勝とうと思うなら]

  3. 第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」

最新の経営コラム

  1. 人の心を取り込む術(18) 潔いNo.2の生き方(直江兼続)

  2. 第45回 中小企業の経理DXは「IT導入補助金」を活用する|新設「デジタル化基盤導入枠」

  3. 第78回『ポイントは自由に付与していいの?』

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第18話 重慶モデル
  2. マネジメント

    故事成語に学ぶ(50) 臣をして忠臣とならしむることなかれ
  3. マネジメント

    人の心を取り込む術(2) 赦すことが生み出す力(魯の荘公、斉の管仲)
  4. ブランド

    社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トッ...
  5. マネジメント

    交渉力を備えよ(30) チャンスを見極めたら躊躇しない
keyboard_arrow_up