menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第73話 「銀行との平素のお付き合いを大切にする」という過ち

強い会社を築く ビジネス・クリニック

私は、『銀行も取引先、仕入れ先の1社にすぎない、特別扱いすることは間違いです』と声を大きくして申し上げております。
 
今の銀行は、皆さんの会社に資金を融資するか、しないかの判断を、人間がするのではなく、決算ごとに銀行に提出した財務諸表(B/S P/L)をコンピューターにインプットした結果の点数(スコアリング)によって、「貸す」「貸さない」の判断を下す時代です。
 
決して銀行員(支店長)が決裁しているのではありません。
「銀行は天気の良い日に傘を貸してくれて、雨の降る日には傘をもぎ取るところ」と昔より言われています。
 
今、銀行から皆さんの会社に「お金を借りてくれませんか!」とせっせせっせと銀行員が来ませんか?
今、銀行から「返せ!」「返してくれ」と言われている会社は、これをお読みくださっている会社にはないと思うのですが・・・・いかがでしょうか?
銀行は、こちらの資金を必要としない時に、「どうぞ! どうぞ!」と勧めに来るものなんです。
今は、日本中、金が余っているのです。
不景気なので、大会社も中堅も投資しないので金が余っているのです。
 
お金が不足した時、「傘(金)を貸してください」と急にお願いしに行くことが生じます。
その時に、いくら「平素、取引銀行とお付き合いを大切にしている」といっても、自社のスコアリング(財務点数)が悪ければ、絶対にお金は貸してくれません。
「本部から融資のオーケーが出ません!」 といかにも本部に責任があるように返答しますが、貸せる条件ではないから断ってくるのです。
 
日頃、銀行マンと親しく付き合っていても冷たいものです。
しかし、銀行員は、常に親しげに皆さんの会社に足繁く訪問してきます。
銀行員には、種々な成績ノルマが掛かっているからです。
「信託、証券、生保、損保、デイリバテイブ商品 など」これらには様々なポイント制があり、厳しい個人評価の値となっているのです。
 
銀行は、平素の付き合いを大切にする会社には、情をからめて攻めてきます。
情に一番のりやすいのは「女性」です。
女性の付き合いの基準は、「好き」か「嫌い」かにあることが多々見受けられます。
女性経理責任者は、この銀行の「駆け引き」にコロッと参ってしまいます。
短期借入金を行って、この現金を銀行に積んでおくのも女性経理担当が、私の体験上一番多いのです。
 
先日も「円・ドル デリバテイブ商品」を契約して、大損を発生し、倒産の危機に瀕している企業の相談に乗りました。
なぜ、こんな商品を契約したのですか?
女性経理担当者の答えは
「いつも無理を言ってお金を貸してもらっているので・・・何もわからなく契約してしまったのです・・・」
 
何も無理を言って、借りている理由(わけ)ではありません。
貸せるから貸しているので、無理でも何でもありません。
なぜなら、当の銀行は、金利も高く、担保も、個人保証も十分にとっているのですから。
なぜこうも借金すると、銀行に弱くなるのでしょうか?
 
30年前、40年前の銀行との交渉術、先人の経験や古い原則が未だに引き継がれているのでしょうね。

 

第72話 オリンパス事件について考える前のページ

第74話 「銀行との平素のお付き合いを大切にする」という過ち その2次のページ

関連記事

  1. 第111話 なぜ自社の資産再評価行為(オフバランス)等をして、節税を考えないのでしょうか?

  2. 第146話 意外と知らない税務調査

  3. 第36話 「非常勤役員」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第41講 「言志四録その41」人となり沈静なる者は、事上の練磨を勉むべし。快活な...
  2. 税務・会計

    第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」
  3. マネジメント

    第三十六話 時間を守れ(なかんだかり)
  4. 経済・株式・資産

    第24話 破たんしても再生できるポイントとは(1)
  5. キーワード

    第78回 買い物の面白さをふくらませる「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」
keyboard_arrow_up