menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第72話 オリンパス事件について考える

強い会社を築く ビジネス・クリニック

 前月、ブログで問題を先送りする経営者の体質について意見を述べました。オリンパス事件は20年前に起因するデリバテイブ損失を隠し、取り繕っていたことが外人社長により暴かれました。その後、AIJ事件や大王製紙もすべてそうですが・・・
 これらには経営者が社内の大きな損失を隠すという共通点がみられます。
 
 今、私の目の前でも準大手の建設会社(J建設)でも行われています。
 子会社が抱えている20数億円の債権を親会社であるJ建設が代わりに持っています。その価値は5千万円位にもならないようになり、大きな損失を抱えています。
 
 当然、全役員は知ってますし、一部の部長もわかっているのです。子会社の社長は民事再生を出したくないと思っていますが、親会社はそれを許さず、その代わりに毎月、多額の資金補助を行い支援しているのです。
 
 誰が考えてもおかしい行為でも、それをおかしいと思い、止めないのです。
 なぜでしょうか?
 
 私は、特別損失を出して税引前利益を赤字にしても、一期ならどうってことないと主張します。
 経営審査(建設業はこれによって毎年受注に影響する)を気にしているのでしょうか?
 経常利益が経営に影響することを知っています。しかし、一部の営業幹部は税引前利益で赤字を出すことに絶対に反対します。なぜなら、J建設は営業利益も経常利益もたいした数値が出ていないのです。
 その上に、税引前利益が大赤字であれば、大手の上場企業の仕事や官公庁の仕事が受注できないというのです。
 
 
 J建設は有名なので、てっきり上場会社と思っていましたが、非上場企業でした。
 しかし、公認会計士がだまっていないだろうと思いましたが、公認会計士も粛清できずに印鑑を押しているのです。
 今や、公認会計士事務所も経営が厳しく、得意先がなくなっても困るので、変に妥協しているようです。
 
 他社の事について「馬鹿が」「あほが」と簡単に言いますが、当人たちは、取り繕ってでも税引前利益を出す粉飾決算を行い、税金という現金(血液)を出しているのです。
 
 おかしいと思いつつ、厳しい再建計画、革新計画を持ち出せない経営者が、まだまだ世の中に存在しているのです。
 
 いつか「いいことがある」「春が来る」と思っているのでしょうか?
 これが異常であると思わないのでしょうか?

第71話 批判はわかる しかし、自分たちからやれ!前のページ

第73話 「銀行との平素のお付き合いを大切にする」という過ち次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

    強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

  3. 9巻 会社の病に効くクスリ

    9巻 会社の病に効くクスリ

関連記事

  1. 第126話 小さい会社で勝負する

  2. 第157話 営業マンによる売上回収は、その場で決済できるようにしなさい!

  3. 第70話 多すぎる銀行借入

最新の経営コラム

  1. 第130回  デジタル化で機械部品の調達を合理化

  2. 第16回 ダイバーシティは損得問題

  3. 第125回『20の古典で読み解く世界史』(著:本村凌二)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第6話 成長課題 管理職の部下育成術(6)
  2. キーワード

    第154回 プラチナ・ドン・キホーテ
  3. キーワード

    第78回《二宮尊徳翁》に再び空前のスポットライト!~ミュージカル「KINJIRO...
  4. 戦略・戦術

    第58話 「防災シミュレーションの必要性」
  5. マーケティング

    第8話 「すぐ使えて、効果のある『号外チラシ』」
keyboard_arrow_up