menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ E・・・Ear Care

最高の自分を表現する 成功イメージ戦略

E・・・Ear Care 「耳」にまつわる印象DO's & DON'Ts

暑い夏だからこそ、常日頃よりも気をつけなくてはならないのが、顔周りの印象。特にビジネスシーンにおいて、非常に大きな注目のポイントとなるEars「耳」を今回はテーマに取りあげる。耳がすっきり見えることで、対面する相手に清潔感、潔さというイメージを与える。ビジネスシーンにおいて、非常に重要な印象を形成するパーツであることは言うまでもないだろう。


「あなたの話を聞いています」誠実のメッセージ・常に情報に敏感であろうとする意識
この耳、顔の中心・正面にあるパーツではない為、あまり関係ない部分かと思われがち。何故なら人間、自分自身の事は鏡で真正面の状態しかチェックしないことが多いからなのだ。しかし、人と接する際の状況を是非とも思い返してみてほしい。常に真正面から、目と目を合わせて接するという事の方が、少ないことがお分かり頂ける筈。従って、正面から少しずれると、耳は確実に視界に入ってきて、その存在を雄弁に語り始める。


音を聞く機能を持った「耳」。だからこそ、その部分をすっきり見せていることで、あなたと対面した相手は「話をしっかり聞きますよ」という印象を受けるのだ。また、耳に沿ってすっきりと見せるようにカットされ整えられた髪には、エグゼクティブとしての知性と清々しさを覚える。反対に、少し伸びかけて髪が耳にかかってきた状態は、一気に清潔感を欠き、手入れの行き届かない、だらしない印象になる。同時に、人の言葉に耳を貸さない印象さえも与えるようになるから注意が必要だ。


NYを始め、欧米諸国の経営者やエグゼクティブ達は、皆さん常にすっきり耳を出し、綺麗に整えられたスタイルを小まめに保っている。日本以上にコンサバティブであり、ビジネスをする者の当たり前として身に付いた習慣なのだ。また、相手の話を聞くというコミュニケーション上のメッセージと同時に、「情報にアンテナを張っている姿勢とイメージ」がある、これらが優秀なビジネスパーソンに共通だと言えるだろう。実際、自分自身で実験をしてみた。私のように髪が長い場合、髪をおろし耳周りを完全に覆っている状態から、それを束ねてすっきり耳を出すと、どれだけ音がクリアに聞こえ、気分さえもシャキッとするかの差が実感できる。当然情報キャッチの感度は高くなる訳だ。
それを基に考えると、伸びかけの髪が耳にかかっている状態は、他者からの見た目もさることながら、御自身が誰よりも、すっきりしない不快感を抱き続けているだろうことは言うまでもない。耳とはそれだけ気分そして情報収集力をも左右する、敏感な機能なのだ。
耳と髪について色々考えてゆくと、日本は自由度が高いのか、それによって何らかの判断を下されることが少ないからか、髪が長めの方もいれば、髪が伸びて耳にかかっていても、散髪せずにそのままになっている方が決して少なくなく、日本出張時、毎回非常に気になってしまう事の一つである。きっとそれだけ日本のビジネスパーソン達はお忙しくされているという事なのだろうが、散髪に行くのも仕事のマネジメントの一環。御自身の仕事の成果を上げる為、相手とのコミュニケ―ション能力を上げる為、そしてより有効な情報をいち早くキャッチする為に耳元に注目したメンテナンス、是非ともお忘れなく。


最後に、この暑い夏、耳をすっきりさせ、気分も爽快にさせる方法を。
男性の場合、頭部に沢山汗をかく訳だが、その際、見える部分の汗は拭いても、耳の内側、耳の裏まではなかなか手入れが出来ていない場合が多々ある。耳をすっきり見えるようにしていると、この辺りの手入れがなされているか否かが一目瞭然となり、他が良いが故に、一気にイメージダウンさせられてしまうこともあるのだ。美容室・理容室でもよく聞くのだが、耳の裏側まで綺麗に出来ている人はかなり少ないとのこと。それを日常的且つ簡単にケアする方法は、ミント系のローションを使い、耳の内側・裏などのくぼみになって汗が溜まりやすい部分を拭くようにするとよいだろう。視覚的な清潔感だけでなく、匂いに関することも含め、一気に解決できる。


耳にまつわるあれこれ、この夏から是非とも実践していただきたい。まずは御自身が爽快感を覚えることが出来たら、ビジネス相手にもその印象が確実に伝わる筈だ。

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ D・・・Dress for Success前のページ

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ F・・・Facial Expression次のページ

関連記事

  1. 海外目線の外見チェック -「靴」と社会的ステータス-

  2. エグゼクティブ・イメージの必須スパイス  -ポケットチーフ-

  3. Appropriate(ふさわしい・最適)2
    「米大統領選に見るイメージ戦略」-

最新の経営コラム

  1. 第190話 少人数私募債を活用しなさい

  2. 第18話 テレワーク業務を評価するにあたっての課題と対応

  3. 第225回 「すいか泥棒」にはなるな

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. コミュニケーション

    第175回「間違った料理が届いたら、騒がない」
  2. 経済・株式・資産

    第82話 なぜ中国東北地域の経済が一番悪いか?
  3. 人間学・古典

    第73講 「帝王学その23」 主、過ちを知らさんと欲すれば、必ず忠臣に藉る。主も...
  4. キーワード

    第195回 「和」テイストを核とした展開
  5. 新技術・商品

    第40話 「猛反対」にこそ、ヒットの可能性
keyboard_arrow_up