menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第24講 「言志四録その24」
人主の学は、知 仁 勇 の三字にあり。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学

【意味】
上に立つ者の学問は、知(知恵)・仁(思いやり)・勇(決断力)の三つを学ぶことである。


【解説】
論語の別な句として「知者は惑わず。仁者は憂えず。勇者は懼れず」と いう似た句があります。

理に通じている知者は、あれこれ迷うことなく、
欲のない仁者は、くよくよ心配することがなく、
肝っ玉が座っている勇者は、びくびく恐れることがない・・・という意味です。

このように説かれても、日々の生活の中で大いに迷い、心配し、恐れている自分をつぶさに観察すると、
孔子のいう理想的な賢者と自分が大きくかけ離れていることを、いやでも思い知らされます。
しかし自信を無くす必要はありません。


古代の仏教経典には、「愚者が『私は愚かだ』と知れば賢者である」と説かれています。

賢者・愚者のランクは相対的ですが、この言葉の裏にはもう一段下の層がいることを暗示しています。
それは「自分を賢者と誤認する愚者」であります。
いつの時代にもこの種の愚者が多いから、その反語としてのこの経典の教えがあるのかもしれません。

大切なのは、賢者の問題を自分とかけ離れたものと考えないことです。
賢者も元は愚者です。多くの愚者が生活を工夫し自分を高めて賢者になったのです。
この工夫を『志』といいますが、志さえあれば愚者にも知(知恵)・仁(思いやり)・勇(決断力)が備わるのです。


曹洞宗第二祖・懐弉(えじょう)禅師によって著わされた『正法眼蔵随聞記』の中に、
師匠道元禅師の言葉として、次のような表現があります。

  玉は琢磨によりて器となり、人は練磨によりて仁(ひと)となる。
  何れの玉か初めより光ある。
  誰人(たれびと)か初心より利なる。
  必ず磨くべし、すべからく練るべし。
  自ら卑下して学道をゆるくすることなかれ。(正法眼蔵随聞記)

原石が磨かれて輝く宝石となるように、人間も修行により人物器量となる。
最初から輝く宝石がないように、最初から人物器量の者もいない。原石も人間も磨くべし。
自ら様々な言い訳(卑下)をして修行を緩めてはいけない。


昔の封建社会の指導者とならば君主ですが、現代の経済社会の指導者は企業のトップや幹部です。
に もかかわらず、自分は高齢社長だから、自分は年齢も若い社長だから、自分の会社は小さな会社だから・・・
などと様々な都合の良い言い訳を述べて、指導者の勉強(掲句=人主の学)から逃れようとする傾向があります。

君主がいい加減な人物であれば臣下・人民が困ったように、
社長が人物器量の鍛錬を怠るようでは社員・取引先・株主に迷惑が及びます。
だから道元禅師の言われるように、自ら卑下して学道をゆるくしてはいけません。


『100万人の心の緑化作戦』の一環として人間学読書会を主宰し21年になります。
この間多くの社長の学びに接してきましたが、「損得のための学び」ではなく、
「現代の指導者としての学び」をする人が少ないのが残念です。


 

杉山巌海

第23講 「言志四録その23」孔子を学ぶ者は、孔子の志を以て志と為すべし。前のページ

第25講 「言志四録その25」国に道有る時は、言路開く。慶すべきなり。ただ恐れる、功利の徒、時に乗じて紛起群奏するを。次のページ

関連記事

  1. 第42講 「言志四録その42」
    少にして学べば壮にして為すこと有り。壮にして学べば老いて衰えず。 老いて学べば死して朽ちず。

  2. 第109講 「論語その9」
    教え有りて、類なし。

  3. 第34講 「言志四録その34」
    鶏鳴いて起き、人定にして宴息す。門内粛然として、書声室に満つ。

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第174回 社長は「素直」が一番
  2. 戦略・戦術

    第182回 銀行提案の資本性劣後ローンにだまされるな
  3. 経済・株式・資産

    第100話 前代未聞の人事布陣から見た習近平氏の深謀遠慮
  4. マネジメント

    第156回 『マニュアルで自主性を殺すな』
  5. 健康

    第54回 二股らぢうむ温泉(北海道) 温泉がつくる芸術「湯の花」の魅力
keyboard_arrow_up